2018年 8月 18日 (土)

「胃で働く乳酸菌」の特徴とは 明治プロビオヨーグルトLG21が刷新

印刷

   明治のヨーグルトブランド「明治プロビオヨーグルトLG21」(以下、LG21)がこのほど、キャッチコピーを"リスクと戦う乳酸菌"から"胃で働く乳酸菌"に改めた。

   訴求ポイントを明確にした形となったが、普通のヨーグルトとはどう違うのか。明治に取材し、疑問をぶつけた。

  • 「明治プロビオヨーグルトLG21」
    「明治プロビオヨーグルトLG21」

「酸に対する耐性が高く、胃の中でも増殖可能」

   「LG21」は2000年3月に発売。17年6月時点で累計70億個を売り上げるヒット商品だ。

   ラインアップは定番のプレーン味をはじめ、アロエ味やドリンクタイプと幅広い。18年3月には糖分・カロリーを抑えた「まろやかプレーン」と、飲みやすさにこだわった「ドリンクタイプ りんご&蜂蜜」が新たに加わった。

(左)「明治プロビオヨーグルトLG21まろやかプレーン」、「明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ りんご&蜂蜜」
(左)「明治プロビオヨーグルトLG21まろやかプレーン」、「明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ りんご&蜂蜜」

   LG21には、「胃で働く乳酸菌」が使われているという。商品サイトによれば、この菌を発見するのは"奇跡的"だった。明治が保有する約2500種類以上(当時)の菌から理想的なモノを2年間かけて選び抜き、ようやく出会ったのが「Lactobacillus gasseri OLL2716株(以下、LG21乳酸菌)」。

   この乳酸菌はどんな特徴があるのか。明治の担当者はJ-CASTトレンドの取材に、

「(普通の乳酸菌は胃内の強い酸性下では死滅しやすいが)LG21乳酸菌は酸に対する耐性が高く、胃の中でも増殖可能です。また胃粘膜にもくっつきやすく、"胃で働く"という個性的な特徴があります」

と話した。

「健やかな毎日を過ごしたいという、健康意識の高いユーザーのニーズにお答えします」(明治担当者)

専門医が夏場に多い胃の不調を指摘

   LG21の浸透もあってか、ヨーグルトは胃に良いとの認識が世の中で広がっているようだ。

   コンサルティング会社「日本能率協会総合研究所」の調査(※)によると、胃に良いといわれる食品の中で継続的に食べられるものを聞くと、3位牛乳(32.8%)、2位豆腐(34.5%)を抑えてヨーグルトが1位(53.5%)となった。

胃に良いといわれる食品の中で継続的に食べられるものは?
胃に良いといわれる食品の中で継続的に食べられるものは?

   「ムラタクリニック」(東京都港区)の村田洋子院長によると、夏場は胃の痛みや胃もたれ、膨満感など「胃弱」になりやすいという。J-CASTトレンドの取材に、こう説明した。

「胃弱の原因の多くは、ストレスや飲み過ぎ、食べ過ぎなど。とくに今の季節は、激しい暑さに加え、室内外の温度差が激しい。加えて、つい冷たいものを飲み過ぎ・食べ過ぎてしまい、胃の運動が低下してしまいます」

   これから気温が高くなる季節。胃のトラブルには十分気を付けたい。

   ※2018年5月7~9日の期間、20歳から69歳の男女1000人を対象に実施。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中