2020年 4月 3日 (金)

GOSPELS OF JUDAS
氷室京介との出会いの衝撃

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

「最後の曲はYTの人生」

   GOSPELS OF JUDASのデビューアルバム「IF」は予想とはかなり違っていた。デジタルな実験的アルバムという先入観はすぐに覆された。全体がギターサウンドを軸に、一つのテーマに沿ったストーリーになっている。端的に言ってしまえば「世界の滅亡と救済」だろう。「ノアの箱舟」や「スターウォーズ」であり「銀河鉄道999」のようなSF的ファンタジー。もし、世界がこうなったら。滅びゆく世界を生き抜くための愛と友情。映画の始まりのようなオープニング、インタールードを効果的に入れた構成、アルバム最後の曲「Cryin' with my guitar」に至るまでの劇的な流れは物語として完成されていた。思い付きで作った遊びのアルバムという域ははるかに超えていた。

   Jun Inoueはこう言った。

「ストーリーを作りたかったんですね。YTから曲が来て彼も近未来的なアルバムにしたい、と言っていて。曲と演奏が詞を呼びました。どん詰まりの世界の中で見える光に向けて旅だってゆく、みたいな感じですね。最後の『Cryin' with my guitar』は、YTの人生ですね」

   アルバムでは氷室京介も4曲歌っている。YTとJun Inoueとボストンで同じバンドだったというGin Kitagawaも2曲。氷室京介のライブのマニピュレーター担当、Tesseyの曲もある。それぞれの楽器や全体の音を彼らで作り上げている。名実ともに「氷室京介と親交のあるクリエーター」で作り上げたアルバムとなった。氷室京介が彼らに「場」を提供したと言っていいのかもしれない。でも、マニア向けな実験作ではない。クオリティーとポピュラリティを備えたハードロックアルバムだ。

   Jun Inoueは「YTとは19,20歳の頃、夜な夜な世界観とか人生観を話してましたからね。日本の音楽を変えてやるというような。その頃を思い出しながら作りました」

   YTは「ギターはがっつり弾いてるし曲や歌詞もいい。音楽的にもすごいことをやってる、ほんまもんのロックをやってるという自負はあります」と言った。

   バンド名をつけたのは氷室京介だった。「GOSPELS OF JUDAS」というのは「ユダの福音書」の原題。イエス・キリストの裏切り者とされ、その一方でキリストを最も愛していたという説もある異端の人物になぞらえたアルバム――。

   それは日本のロックに飽き足らなかった「ユダ」たちからの未来への提言なのかもしれない。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!