2018年 10月 23日 (火)

ゲームコントローラーのような形 ワイヤレスキーボード

印刷

   サードウェーブが運営する実店舗およびインターネットショップ「上海問屋」は、「タッチパッド搭載 2.4GHz ミニワイヤレスキーボード」を2018年7月20日に発売した。

  • ゴロ寝やうつ伏せなど楽な姿勢でもPC操作
    ゴロ寝やうつ伏せなど楽な姿勢でもPC操作

親指だけで各種操作が可能

   ゲームのコントローラーのような形をしており、8色のバックライトを備えた日本語配列キーボードに加え、マウスポインターを操作できるタッチパッド、インターネット閲覧に便利なスクロールホイールを搭載するなど、親指だけで様々な操作ができる。

   パソコンとはワイヤレス(2.4GHz帯)で接続。コードレスのため、うつ伏せなどリラックスした姿勢で操作が可能。付属の受信用ドングルレシーバー(小型の無線通信装置)をパソコンなどのUSBポートに挿し込むだけの簡単接続。電波法で定められた技術基準にしており、安心して使用できるとのことだ。

   容量300mAhのリチウムバッテリーを内蔵し、1時間の充電で5~6時間の連続使用が可能だという。対応OSはWindows 7/8/8.1/10、Android。PS4、Nintendo Switchは文字入力のみ対応。動作範囲は約10メートル。

   価格は2999円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中