2018年 12月 17日 (月)

「ストロング系チューハイ」の勢力図が変わる アルコール度数12%「スーパーストロング」

印刷

   アルコール数が高く手軽に酔える缶チューハイの代表格と言えば「サントリー チューハイ-196℃ストロングゼロ」が思いつくだろう。

   だが、この「ストロング系チューハイ」の勢力図を塗り替えそうな商品「スーパーストロング12 レモン」が登場した。

  • ローソンの公式ツイッターより
    ローソンの公式ツイッターより

別次元に突入、「悪魔の飲み物」とも評され

   低価格ながらアルコール度数9%。「飲めば日々の辛いことを忘れられる」と、SNS上で「飲む福祉」「飲む貧困」「虚無の酒」などと形容された「ストロングゼロ」。17年12月には「ニュースウォッチ9」(NHK総合)でもこの話題が取り上げられた。

   だが、その牙城を崩さんといわんばかりにサンガリアが攻勢をかける。同社は2018年7月31日、アルコール缶チューハイ「スーパーストロング12 レモン」を発売した。

   度数は「虚無の酒」を上回る12%。PR動画では「超コスパチューハイ」とうたっており、かなりパンチが効いていそうだ。

   発売後、ツイッターでは注目を集め、

「サンガリアが悪魔の飲み物出しやがった」
「サンガリアがまた虚無の酒をぶっこんできた...」
「ああ...10%超えてしまったか...それは別次元の世界線だぞ....」

と恐怖におののく反応が相次いだ。

   「スーパーストロング」はコンビニエンスストアのローソン・ポプラ限定で発売。350ミリリットル缶が130円、500ミリリットル缶が165円(いずれも税込)となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中