2019年 11月 20日 (水)

100回目の「夏の甲子園」100のネタ ひたむき・ドラマチック・郷土愛

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
trend_20180806105120.jpg

   今年(2018年)の「夏の甲子園」は第100回目の記念大会だ。全国から史上最多の56校が参加し、例年以上の熱戦が期待されている。高校野球の魅力について朝日新聞デジタルのアンケートによると「ひたむきなプレー」「ドラマチックな試合」「郷土の代表校の活躍」が上位3位だった。今回は甲子園の歴史、名勝負、怪物、ヒ―ロー、アイドル、奇跡、涙、文武両道の進学校など甲子園の素晴らしさを紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

オールドファンも若い人も泣けるエピソード

trend_20180806105222.jpg

   「泣ける!」「熱い!」「懐かしい!」――オールドファンも若い人も、元球児も主婦も楽しく読める甲子園物語だ。『ざっくり甲子園 100年100ネタ』(著・オグマナオト、廣済堂出版、1458円)には、「選手」「監督」「学校」「勝負」「球場」「大会」「逸話」「人物」の8つのジャンルから選び出された100のネタが込められている。

   「神様が創った試合」という箕島対星稜/平成の怪物・松坂大輔/春夏連覇の大偉業「PL王朝」/「大ちゃんフィーバー」早実・荒木大輔 /強豪校ブラバン名曲「ジョックロック」に「天理ファンファーレ」/「誰も見たこともない球場をつくれ」(甲子園球場誕生秘話)/「甲子園カレー」と「かちわり氷」など、様々なエピソードやこぼれ話。

   著者のオグマナオトさんはスポーツにまつわる雑学や伝説を採集し、コラムや書籍として執筆、テレビやラジオのスポーツ番組にも構成作家として参加している

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!