2018年 12月 19日 (水)

高校野球観戦するならNHK?BS朝日? 今年の決め手は「テーマ曲」かも

印刷

   2018年大会で100回を迎える夏の全国高校野球選手権が8月5日、開幕した。出場は史上最多の56校。2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)や、夏連覇がかかる花咲徳栄(北埼玉)など、見どころが豊富だ。

   高校野球に絡んで、もはや定番ともいえる話題が今年も盛り上がっている。それは、どのテレビ局で試合中継を見るか――。

  • し烈を極める視聴率争い
    し烈を極める視聴率争い

名物アナ擁するNHK

   ネットの掲示板「5ちゃんねる」で8月5日、「高校野球をNHKで見る派かBS朝日で見る派か」という投稿が上がった。

   高校野球をテレビで視聴する際の「双璧」をなす2局だが、それぞれどんな特徴があるのか。寄せられた意見を総合すると、概ね以下が挙げられる。こうした特徴をもとに判断しているようだ。

■NHK
<長所>
・学校や地域の紹介が充実
・名物アナウンサー、小野塚康之氏の存在
・イニング間のアルプス席の様子がわかる

<短所>
・ニュースで中断がある
・総合⇔Eテレへのチャンネル切り替えが面倒
・受信料

■BS朝日
<長所>
・選手の紹介が充実
・配球チャートが便利
・チームや選手のデータが豊富

<短所>
・CMがある
・CM前に毎回流れるテーマ曲が、うっとうしい(ファンにとっては長所)
・実況が声を張り上げるなどバラエティー色が強い

福山雅治と嵐の「対決」も注目

   ただ、局を固定せず、

「小野塚さんならNHKそれ以外なら朝日や」
「普段NHK派なんやけど、馬淵監督が解説しとると聞いてBS朝日に切り替えました」

と、解説や実況者によって決める人も少なくない。

   また、今年はNHKが初となるテーマソングを制作したことで、「曲」も判断材料の一つになった。NHKは福山雅治さんによる『甲子園』を、BS朝日(朝日放送)は嵐の『夏疾風(なつはやて)』を起用しており、

「今年はNHKで見ずBS朝日!CMごとに夏疾風流れる?」
「甲子園のテーマ曲は朝日の嵐よりNHKの福山雅治」

といった声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中