2018年 11月 15日 (木)

ヤクルト青木、帽子の被り方が「ふざけてる」指摘も... メジャーでは一般的

印刷

   プロ野球・ヤクルトスワローズの青木宣親選手(36)、ブキャナン投手(29)の野球帽の被り方をめぐり、SNS上でちょっとした話題となっている。

   2018年8月21日のヤクルト対広島東洋カープ戦で、日本ではあまりなじみのない「ラリーキャップ」を披露したためだ。

  • ラリーキャップのイメージ(ニュースサイト「Bless You Boys」から)
    ラリーキャップのイメージ(ニュースサイト「Bless You Boys」から)

まるでウルトラマン

   ラリーキャップとは、チームが負けている時に選手やファンが願掛けとして行うものだ。帽子をひっくり返してかぶったり、ウルトラマンのようにつばが上に向くようにかぶったりしてチームの逆転勝利を祈願する。メジャーリーグではよく見かける姿だ。

   8月21日の試合でも、この「おまじない」を元メジャーリーガーの青木選手とブキャナン投手が披露した。

   初めて見たプロ野球ファンは、少なからず違和感を覚えたようで、

「ブキャナンさん帽子がウルトラマン?」
「青木さんは帽子でふざけないで欲しいな」
「青木のトサカ帽子なんだよ。首脳陣注意しろよ」

といったツイートが上がった。

   そのため、ヤクルトファンを中心に、

「青木さんの帽子の被り方に文句言ってるやついるの?ふざけてるわけじゃないのに」
「青木の帽子はメジャーで割とポピュラーなおまじないだから気にしないでくれよカープファンさん」

などと説明し、理解を求めた。

   なお、試合はヤクルトが10対5で劇的な勝利を収めた。1点ビハインドの9回に同点に追いつき、10回に一挙5得点した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中