2018年 9月 20日 (木)

今夜「聲の形」地上波初放送 日本アカデミー・優秀アニメ作品賞受賞

印刷

   映画「聲(こえ)の形」が2018年8月25日夜、NHK「Eテレ」で地上波初放送される。

   放送前日から「楽しみ」とのツイートが相次いでいる。

  • 映画「聲の形」が地上波初放送 (C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
    映画「聲の形」が地上波初放送 (C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

「何回も見にいった」「ガチで泣いた」

   原作は大今良時氏の同名コミック。「週刊少年マガジン」(講談社)で2013年~14年まで連載されていた。耳の聞こえない少女・西宮硝子と、彼女をとりまく人々の心の交流を描いた青春群像劇だ。「聴覚障がい」や「いじめ」といった重くなりがちなテーマを扱いながらも、硝子が聞こえていないセリフの文字をわざと読みにくく削るなど、漫画ならではの表現方法やエンターテインメント性が高く評価され、全7巻の単行本累計発行部数は300万部を突破している。

   2016年9月に京都アニメーション製作の劇場アニメが公開されると、累計興行収入は23億円のヒットを記録した。「第40回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞」を受賞している。

   今回話題の映画が地上波初放送されるとあって、「明日聲の形やぁ!!」「映画何回も見ないのに、この作品だけは何回も見にいった」「聲の形はほんと至高...」「ガチで泣いた」など、24日昼ごろから聲の形に関するツイートが多数投稿されている。

   放送は21時~23時9分まで(129分)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中