2018年 9月 19日 (水)

地上210メートル!絶景とカクテル&フレンチ堪能 カレッタ汐留「HORIZON TOKYO」

印刷

   バー&フレンチレストラン「HORIZON TOKYO」が2018年8月31日、商業施設「カレッタ汐留」(東京都港区)の最上階47階にオープンする。

   地上210メートルの高さからの絶景と、オリジナルカクテルや本格フレンチが堪能できるのが特徴だ。8月29日、J-CASTトレンド記者は「豪華な空間」をひと足先に体験してきた。

  • エントランスのバー
    エントランスのバー
  • 地上210メートルからの夜景。右側にレインボーブリッジ
    地上210メートルからの夜景。右側にレインボーブリッジ
  • オリジナルカクテル
    オリジナルカクテル
  • レストランの内観
    レストランの内観
  • 天井には大きなシャンデリア
    天井には大きなシャンデリア
  • 特製ローストビーフ
    特製ローストビーフ
  • ブイヤベース
    ブイヤベース
  • スイーツも多数
    スイーツも多数
  • アイスカービング
    アイスカービング
  • レストランの個室には秋をイメージしたアートが展示されていた。海草で青く着色したうずらのたまごは食べることができる
    レストランの個室には秋をイメージしたアートが展示されていた。海草で青く着色したうずらのたまごは食べることができる

柔らか国産牛ローストビーフ、海鮮充実ブイヤベース

   HORIZON TOKYOは、バーのあるエントランスとその奥に位置するレストラン、大きく2つにわかれている。29日夜に開催されたレセプションパーティーでは、まずエントランスでウェルカムシャンパンが振る舞われた。バーではほかにも、男性バーテンダーがオリジナルカクテル2種をつくってくれた。「ラグーン」をイメージしたラムベースのカクテルは甘さ控えめのすっきりとした味わいで、「夕暮れ」をイメージしたマンゴーベースのノンアルカクテルは甘くてフルーティーだった。

   レストランでは立食スタイルだった。振る舞われた多彩な料理の中には、店の名物「国産牛のローストビーフ」と、ブイヤベースも。記者は迷わずチョイスした。ローストビーフは柔らかく、脂身はあまり感じなかった。ブイヤベースは、海老は白身魚の旨みがぎゅっと凝縮されていて、濃厚な味わいだ。中に入っていたオマール海老はプリプリの食感だった。

   食事中には、東京・お台場に架かる「レインボーブリッジ」をかたどったアイスカービング(写真参照)も行われた。おいしい食事やお酒に加えて、同店の魅力のひとつに地上210メートルから眺める絶景が挙げられる。窓からはライトアップしたレインボーブリッジが美しく見えた。食事中は築地市場からお台場周辺の夜景を楽しめた。

   ランチ(11時~15時)は1800円~、ディナー(18時~23時)は7000円~。オードブルは冷製・温製18種から選ぶことができ、メインディッシュはシェフが厳選した旬の食材を振る舞う。

   詳細は公式ウェブサイトへ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中