2018年 11月 21日 (水)

コーヒー本来のコクと香り引き出す 全自動コーヒーメーカー

印刷

   象印マホービンは、全自動コーヒーメーカー「珈琲通 EC-RS40」を2018年9月11日に発売する。

  • 京都・小川珈琲のスペシャリストが適した豆を評価・提案
    京都・小川珈琲のスペシャリストが適した豆を評価・提案

濃度とフィルターの組み合わせで4通りの味わい

   お湯の通り道を予熱してから95度の高温のまま抽出する「マイコン予熱&ダブル加熱95度抽出」や「マイコンじっくり蒸らし抽出」機能を搭載し、お湯の流れや蒸らし時間を制御。象印の発表によると、コーヒー本来のコクと香りをじっくりと引き出す抽出方法にこだわった。

   キー選択によるコーヒーの濃度を2段階(普通/濃い)で調節し、ミルケースの出口に取り付ける挽き分けフィルター(粗挽き/中細挽き)との組み合わせにより、4通りの味わいを楽しめる。それぞれの組み合わせの特徴に適したコーヒー豆は、京都の老舗・小川珈琲に所属するコーヒーのスペシャリストに評価・提案を受けたという。

   抽出したコーヒーはヒーターを使わない「魔法びん構造のステンレスサーバー」で保温するため、煮詰まらず本来の味わいが長持ちするのに加え省エネにもなる。約6.5センチの広口で手入れがしやすい。また、手持ちのステンレスマグやコーヒーカップに直接抽出できる機能も備える。

   紙製とは違った味わいを楽しめるほか、繰り返し洗って使える「ステンレスメッシュフィルター」を採用。紙製フィルターも使用できる。手入れのしやすい「ミルクリーン構造&ミルケース丸洗い」となっている。

   カラーはブラック。価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中