2018年 9月 22日 (土)

青い山椒の実と青辛子 痺れる辛さ「青の麻辣醤(まーらーじゃん)」

印刷

   中国料理店の虎萬元(とらまんげん)は、「青の麻辣醤(まーらーじゃん)」を、2018年9月7日から通信販売限定で発売する。

  • レトルトカレーのちょい足しや回鍋肉の味付けにも使える
    レトルトカレーのちょい足しや回鍋肉の味付けにも使える
  • レトルトカレーのちょい足しや回鍋肉の味付けにも使える
    レトルトカレーのちょい足しや回鍋肉の味付けにも使える

南青山の中国料理店のレシピを再現

   同店で使用していた自家製調味料「青の麻辣醤」のレシピをそのまま再現。花椒(ホアジャオ)などの香辛料が入った料理を食す"マー活"で注目を集めている、山椒がメインの調味料だ。青い山椒の実と青辛子を細かく刻み、塩などで調味。痺れる辛さが特徴で、単体でも味が決まるため、ソースとしてそのままかけたり、スープや炒め物の味付けに使ったりと、幅広い用途で使用できる。

   価格は1280円(税込)。

   キワネットショップ、yahoo!ショッピングで発売する。

   また、18年4月に販売を開始した赤い「麻辣醤」も発売している。「赤と青」2食セットの販売も予定しているとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中