2021年 1月 18日 (月)

台風上等!松坂桃李ファンは熱かった 大コーフン「娼年」再応援上映リポート

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

服脱げば「ご立派!」濡れ場後に「ナイスファイト!」

   映画は冒頭から、いきなり濡れ場だ。「娼夫」である松坂さん演じる「リョウ」の腰の動きに合わせて、カラフルなペンライトが振られ、笛、太鼓、ベル、タンバリンなどの「ピーピー」「ドンドン」「チリンチリン」「シャランシャラン」といった効果音が劇場内に響き渡った。その音は同シーンの盛り上がりに合わせて大きくなっていった。

   リョウが服を脱げば、どこからか「ヒュー!」「ご立派!」といった声が上がり、濡れ場が終わると「お疲れ様!」「ナイスファイト!」などとねぎらいの言葉が飛んだ。

   中には「パフパフ」「ピンポーン」「ビヨヨヨ~ン」といった音が鳴る玩具を持ってきている人もいて、突然こうした間の抜けた音が鳴ると、あちこちで「くすっ」と笑いがこぼれた。会場は温かさと一体感に包まれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!