2018年 11月 13日 (火)

メルカリで大人気のカプセル「だんごむし」 ちょっと待てば...9月中旬から再入荷

印刷

   カプセルトイ「だんごむし」が人気だ。2018年8月第5週にバンダイのガシャポンに登場して以降、全国的に品薄状態で、メルカリなどでは定価の約3倍で高額転売されている(9月11日現在)。

   バンダイの公式ウェブサイトによると、同商品は9月中旬から追加生産・出荷を予定している。「ちょっと待てば手に入るかも」と期待したいところだ。

  • 「だんごむし」ガシャポン
    「だんごむし」ガシャポン

メルカリ「8月の検索急上昇ワード」で1位に

   バンダイが約2年かけてダンゴムシの構造を徹底研究し、丸まる体を再現した「だんごむし」(1回500円)。自販機から丸まった状態(直径約74ミリ)でそのまま転がり出てきて、広げると全長約 140ミリの歩行時の形状になる。平均的なダンゴムシの1000%スケールモデルだ。ラインアップはノーマルの「だんごむし」に加え、実在する「青いだんごむし」、「白いだんごむし」の 3 種がある。

   この「だんごむし」のヒットを受け、メルカリが9月6日に発表した「8月の検索急上昇ワード」では、「ダンゴムシ ガチャガチャ」が1位にランクイン。ガシャポンでしか手に入らない希少性に加え、発売まもなく全国で品切れが続出したため、出品数・検索数が急上昇した。メルカリでは3倍近い高値で転売されているが、一部店舗では再入荷が始まっている。ほしい人は近くのゲームセンターなどで探してみるのもよさそうだ。

   同商品の対象年齢は15歳以上だが、ツイッターをみてみると「息子のために買った」との声も多い。また、ちょうど手のひらに乗るサイズで「可愛い」と見た目に惹かれている人や、「再現度が高い」とクオリティーに感銘を受けている人もいる。

   第2弾も予定されており、12月下旬から「グレーのだんごむし」「赤いだんごむし」「クリアオレンジのだんごむし」が登場する予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中