2018年 11月 17日 (土)

西川史子が思わず「友達になって」 鉄腕アトムを本当に開発しちゃった!?

印刷

   「手塚治虫生誕90周年」を迎えた今年、10万馬力のロボット少年・アトムがついに実現か――。

   講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社が共同開発した「コミュニケーション・ロボット ATOM」が誕生だ。2018年9月10日、講談社(東京都文京区)で完成版の記者発表会が開かれた。

  • 「コミュニケーション・ロボット ATOM」(2018年9月撮影)(c)TEZUKA PRO/KODANSHA
    「コミュニケーション・ロボット ATOM」(2018年9月撮影)(c)TEZUKA PRO/KODANSHA
  • 「コミュニケーション・ロボット ATOM」(2018年9月撮影)(c)TEZUKA PRO/KODANSHA
    「コミュニケーション・ロボット ATOM」(2018年9月撮影)(c)TEZUKA PRO/KODANSHA
  • ヴィジュアリスト・手塚眞さんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
    ヴィジュアリスト・手塚眞さんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
  • 女医・西川史子さんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
    女医・西川史子さんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
  • 俳優・遠藤憲一さんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
    俳優・遠藤憲一さんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
  • 歌手で俳優の泉谷しげるさんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
    歌手で俳優の泉谷しげるさんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
  • 落語家・立川志らくさんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)
    落語家・立川志らくさんからのビデオメッセージ(2018年9月撮影)

「こんなにおちゃめで面白いロボットは存在しない」

   ATOMは「おはよう」といった挨拶から心理テストの出題、落語の「寿限無」ほか3種類の演目披露まで、多様なおしゃべりを楽しむことができる。あくびやくしゃみなど人間味あふれる仕草も特徴的で、講談社第四事業局局次長ATOMプロジェクト・プロジェクトリーダーの奈良原敦子さんは、

「こんなにおちゃめで面白いロボットは存在しないんじゃないかなと思います」

と話した。

   実際に記者はATOMに話しかけてみた。

記者「ラジオ体操やって」
ATOM「ラジオ体操ですね。一緒に頑張りましょう!」

   ATOMの胸にある液晶ディスプレーに「DVD付き もっとスゴイ!大人のラジオ体操決定版」(講談社)の映像が映し出され、ATOM自身も体を動かしてラジオ体操を始めた。ATOMプロジェクト担当編集の秋元賢一さんによれば、本当はATOM自身に体操を指導させようとしたが、「NG」が出たため、「あと少し」といった「合いの手」をいれるだけに留まったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中