2018年 10月 20日 (土)

バーチャル3Dサラウンド、ワイヤレス機能対応サウンドバー

印刷

   ヤマハは、サウンドバー「MusicCast BAR 400 YAS-408」を2018年10月中旬に発売する。前後左右に加え、高さ方向の音場も再現するというバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、映像と音声が一体化した没入感を楽しめる。

  • サブウーファーとはワイヤレスでスマートに接続
    サブウーファーとはワイヤレスでスマートに接続

モバイル端末との連携やハイレゾ音源も

   独自のワイヤレスネットワーク機能「MusicCast(ミュージックキャスト)」をサポートし、Wi-Fiによるワイヤレス再生や専用アプリ(iOS/Android版)「MusicCast CONTROLLER」での操作や設定が可能。「MusicCast Surround機能」により、ワイヤレスリアスピーカーの拡張にも対応する。Bluetooth(ブルートゥース)によるモバイル端末からの音楽コンテンツのワイヤレス再生も可能だ。

   「Dolby Vision」や「Hybrid Log-Gamma」などのHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)映像伝送、HDCP2.2、4K/60p映像信号に対応したHDMI端子を装備し、テレビ放送のほかUltra HDブルーレイなどの高画質コンテンツのワイヤレス再生も可能だ。

   センターユニットには4.6センチ内蔵ウーファー2基、2.5センチツイーター1基を左右に、またワイヤレスサブウーファーには16センチ径サブウーファーユニットを搭載。フルデジタルアンプ「DDFA(Direct Digital Feedback Amplifier)」によるクリアな中高音、低音を増強する「バスエクステンション」による豊かでパワフルな重低音を楽しめる。

   CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」WAV/FLAC/AIFF 192kHz/24bitファイルの再生にも対応する。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中