2018年 10月 21日 (日)

職場に目指したい上司「いない」約6割 入社半年・2年目社員の意識調査

印刷

   日本能率協会(JMA、東京都港区)は2018年10月5日、全国の入社半年・2年目を迎えた社員400人を対象とした意識調査の結果を公表した。

   対象は中途採用・パート・アルバイトを除いた、全国の20歳~29歳までの勤続年数が3年未満の就業者。回答者400人を属性別に見ると、勤続年数1年目と2年目がそれぞれ200人ずつ、また男性が141人、女性が259人だ。

  • 「現在の職場内に、目指したい上司、目標にしたい人はいますか」
    「現在の職場内に、目指したい上司、目標にしたい人はいますか」
  • 「転職に対する考え方を教えてください」
    「転職に対する考え方を教えてください」
  • 「現在の職場を辞めず、在籍している理由に最も近いものをお聞かせください」
    「現在の職場を辞めず、在籍している理由に最も近いものをお聞かせください」
  • 「あなたの現在の仕事や会社組織に対する満足度を教えてください」
    「あなたの現在の仕事や会社組織に対する満足度を教えてください」

目標にできる人の有無が転職意向に影響?

   まず、「現在の職場内に、目指したい上司、目標にしたい人はいますか」という問いについては「いる」が43.0%、「いない」が57.0%と、「いない」が14ポイント上回った。

   この設問で「いる」と回答した群と、「いない」と回答した群とに分け、現在の転職意向について比較。「転職することは考えていない」 という回答は、職場内に目標にしたい人が 「いる群」では57.6%、「いない群」では38.6%と、19ポイントの差があった。「いない群」に絞って見ると、現在転職活動をしている・転職を検討しているとの回答合計が6割を超えている。

   日本能率協会では、「目指したい、目標にしたい」と思える人が職場にいるか否かが、若手社員の転職意向に影響していると分析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中