2018年 10月 22日 (月)

ドラクエ実写化動画にファン「終始鳥肌!」 「星ドラ」3周年記念で制作、CM放映も

印刷

   ゲームソフトの開発・販売を手がける「スクウェア・エニックス」は2018年10月12日、スマートフォン(スマホ)向けゲーム「星のドラゴンクエスト」(星ドラ)のテレビCMを放映開始した。

   コンピューターグラフィックス(CG)を織り交ぜた「実写」映像でゲームの世界観を伝えており、視聴者からは「終始鳥肌!!」「ワクワクする」といった感想が寄せられている。

  • 動画のワンシーン
    動画のワンシーン

強敵との戦闘シーンはCGを駆使

   「星ドラ」は、同社の人気RPG(ロールプレイングゲーム)「ドラゴンクエスト」シリーズのスマホ向けゲーム。2015年10月に配信を開始し、累計1800万ダウンロードを記録している(18年10月現在)。

   今年で配信3周年を迎え、記念に約1分半のウェブ動画を制作した。テレビCMでも動画を短縮した映像を流す。

   動画ではゲームのキャラクターを実際の人物が演じ、強敵との戦闘シーンはCGを駆使して作りこんだ。

   ツイッターでは、動画を見た人たちから、

「最高ーー!終始鳥肌!!」
「こんなドラクエ実写の映画があってもいいよねぇ」
「ドラクエの実写映像って昔っからうまいよな...イメージ壊さないし見ててワクワクする...」

と絶賛の声が上がっている。

   ゲーム内では、3周年を記念したイベントも実施中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中