2019年 2月 23日 (土)

わいせつ画像が突然届く「AirDrop痴漢」 加藤諒も被害「そこに写ってた写真は...」

印刷

   米アップルの製品同士でデータを共有できる「AirDrop」機能。簡単な操作で写真や動画を送受信できて便利だが、「悪用」されるケースも複数報告されている。

    見ず知らずの人にわいせつな画像を送りつける「AirDrop痴漢」と呼ばれる行為で、芸能人も被害に遭っている。

  • airdropの受け取りイメージ(アップル公式サイトより)
    airdropの受け取りイメージ(アップル公式サイトより)

面識ない女性に不適切画像送って逮捕

   AirDropは、iPhone、iPad、Mac間でデータをワイヤレス通信で送り合うことができる。例えば、自身のMacからiPhoneに資料を送ったり、友人のiPadに旅先で撮った写真を共有したりなどだ。

   「AirDrop痴漢」は、街中や電車内など不特定多数の人物がいる場で、周囲のiPhone利用者にひわいな画像を送りつける手口だ。iPhoneの「AirDrop」機能をオンにしていて、かつ半径9メートル以内にいれば誰にでも送信できてしまう。

   SNSで「AirDrop痴漢」と検索すると多数の被害報告が挙がっている。性的な画像以外にも、意味不明な画像を送る愉快犯も少なくないようだ。

   2018年5月には、電車内でわいせつな画像を面識のない女性に送信したとして、兵庫県迷惑防止条例違反の疑いで会社員の男(31)が逮捕された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中