2018年 11月 18日 (日)

これは長谷川潤しか着こなせない 「ベストジーニスト賞」で強烈デザイン披露

印刷

   「第35回ベストジーニスト2018」に選ばれたモデルの長谷川潤さんが、授賞式で披露した自前のジーンズが個性的だ。

   自身のインスタグラムに写真をアップすると、ファンらから「足3本に見えた」「潤ちゃんにしか似合わないよ!さすが!」と驚きと賞賛が寄せられた。

  • 長谷川潤さん(写真は2016年撮影)
    長谷川潤さん(写真は2016年撮影)
  • 長谷川さんの要望で作られたジーンズ(画像は本人のインスタグラムより)
    長谷川さんの要望で作られたジーンズ(画像は本人のインスタグラムより)

美脚あらわ「最早、履いてない感じがイイですね」

   長谷川さんは2018年10月15日、協議会選出部門で、歌手の荻野目洋子さん、俳優の高橋一生さんとともに受賞した。同日の授賞式に履いていったのが、ヒップ下あたりからサイドがパックリと開いたジーンズだ。美脚があらわになっている。

   15日夜、長谷川さんはインスタグラムにその写真をアップした。

「(編注:スタイリストの百々千晴さん) にこう言うデニムが履きたいとビジョンを伝えたら、 (編注:ファッションブランド「RED CARD」)さんと作って頂きました」

   ジーンズの思い切ったデザインには、驚きの声が散見される。

「最早、履いてない感じがイイですね」「やりすぎ!マンガの世界でしょ」「足3本あるかと思った笑」「なかなか奇抜なデザインのデニムですね」「天才的で今までに類をみません」...

   だが、「潤ちゃんだから着こなせてます」「潤ちゃんにしか似合わないよ!さすが!」と、長谷川さんが履くぶんには「かっこいい」「素敵」といった賞賛が多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中