2020年 1月 19日 (日)

キーボードアプリ「Simeji」10周年記念対談 愛用者・勝間和代が伝えたい魅力

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中国のIT大手「バイドゥ」が提供している日本語キーボードアプリ「Simeji(シメジ)」が2018年10月、リリースから10周年を迎えた。10年後の20周年に向けて、より品質を向上させるため、Simeji愛用者の経済評論家・勝間和代さんと、開発に携わったバイドゥのモバイルプロダクト事業部部長・矢野りんさんとの対談が実現した。

  • 勝間和代さん、バイドゥの矢野りんさん
    勝間和代さん、バイドゥの矢野りんさん
  • Simejiを使用中の勝間さん
    Simejiを使用中の勝間さん
  • 対談中の様子
    対談中の様子

原稿を「音声入力機能」で執筆

   ちょうど1年ほど前からSimejiを愛用していると話す勝間さん。「これがあるからSimejiを使っている」と強調したのが、「音声入力機能」だ。Simejiは昨年、キーボード上のマイクのアイコンを押すとユーザーが話した言葉を文字に起こす入力機能を搭載した。

   勝間さんによると、入力文字の精度の高さは「キーボードよりも優秀」。原稿執筆の際は可能な限り音声入力をタブレットで使用している。中でも「文脈上一番いい同音異語をもってきてくれる」点が優れていると評価する。

   指を使っての入力はほとんど使わない勝間さん。「音声入力を日頃から使用すると、頭の中で考えていることがすらすら言葉になって出てくるようになる」との話に、矢野さんは感銘を受けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!