2018年 11月 17日 (土)

子どもや若者が国際経験を積む後押し CSR活動「Looop Challenge」始動

印刷

   電力小売事業者のLooop(東京都台東区)は「Looop Challenge」と題したCSR(企業の社会的責任)・マーケティング活動の実施を2018年11月6日に発表した。

   この取り組みを通じ、同社はスポーツや芸術、教育といった幅広い分野で、海外で開催される大会やコンクールへの出場サポートを長期的に行っていく。

  • 「Looop Challenge」ウェブページより
    「Looop Challenge」ウェブページより

少年サッカー選手の合宿費や海外遠征費を負担

   「Looop Challenge」第一弾として、シンガポールで行われる国際U12「ソサイチ(7人制サッカー)」大会に出場し、優勝するためのプロジェクトが始動する。

   今年12月16日と19年1月4日に一次選考セレクションを2回実施し、20人を選抜。19年2月下旬から3月上旬に最終選考を兼ねた国内合宿を行って最終合格者12人を選び、19年4月19日~21日に日本を代表してシンガポールで行われる国際大会に出場する。Looopでは、最終選考の国内合宿、シンガポール遠征に関わる費用を負担。最先端のサッカーメソッドを学んだ元Jリーガーによる指導も提供し、選手たちを支援していくという。

   「Looop Challenge」立ち上げにより、「挑戦する子どもたちや若者に、普段得ることのできない国際的な経験が得られる機会を提供し、日本を元気にするような人材を生み出したい」とLooopは発表資料で説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中