2018年 11月 14日 (水)

今年もいっぱい、やらかしちゃいました 「素直にごめんなさい言わせて」7選

印刷

   気付けば2018年も終わりが近づいてきました。過去は振り返らず未来を見据えたいものですが、「ひどいことをしてしまった...」と後悔している思いはありませんか?

   そこで今回はギャル達が今だからこそ懺悔したいと思う身勝手な行動を調査! 「ごめんなさい!」と謝りたい思いは、今ここで懺悔しておきましょう。

   いざ、ギャル達の懺悔スタート!

  • 「心よりお詫びいたします」
    「心よりお詫びいたします」

いかんでしょ!彼氏とマンネリでつい浮気

【2018年ギャル達の懺悔その1】

   「いい感じになった年下のメンズに年齢を5歳、誤魔化してました!」と申し訳なさそうに語ってくれたのは、アパレル店員のIさん。相手が年下や年齢の違う人が好きなこともあり言い出せなかったようですが、隠している期間が長ければ長いほど言い辛くなってしまうものです。気まずくならないためにも出来るだけ早く打ち明けた方が良さそうです。

【2018年ギャル達の懺悔その2】

   「ずっと付き合っている彼とマンネリで...ついイケメンと浮気しちゃいました」と告白してくれたのは、JD4年のTさん。長く付き合っているとマンネリは避けられないものですが、浮気に走ってしまっては大切な彼と破局する可能性も...。マンネリ化しないためにもお互いを思いやるとともに、ドキドキするような刺激を作ることが必要です!

【2018年ギャル達の懺悔その3】

   「タイプじゃない人からのLINEがしつこくてブロックした」と教えてくれたのは、JK2年のRさん。手軽に連絡を取れるのがLINEの魅力ですが、行き過ぎた連絡はブロックされる対象に...。しかし、「嫌だから」といった単純な理由でブロックしてしまうのは大人げないので、双方のコミュニケーションで回避するようにしましょう。

【2018年ギャル達の懺悔その4】

   「付き合った彼氏と合わなさ過ぎて、『あんたと出会ったことが今年1番の汚点だわ』と最悪なことを言ってしまった...」と後悔の思いを語ってくれたのは、フリーターのSさん。けんかがヒートアップしたことで、思ってもないような言葉を放ち、今でも悔やんでいるとか...。心に傷が残らないためにもカーっとなった時は冷静になる気持ちが重要です。

20万円の高級ジュエリーを速攻なくした...

【2018年ギャル達の懺悔その5】

   「後輩に強く言い過ぎて毎日のように泣かせてしまった」と先輩・後輩の指導に悩むのはOL4年目のYさん。新人や若手の指導をするのは上司の仕事ですが、行き過ぎた指導では後輩が涙することも...。後輩指導は悩みが付き物ですが、いい新人を育てるためにも、尊敬されるような先輩像を作ることが重要です。

【2018年ギャル達の懺悔その6】

   「彼から20万円もした高級ジュエリーをプレゼントしてもらったんですが、速攻なくしてしまいました」と気まずそうに語ってくれたのは、カフェ店員のEさん。慌てて自腹で購入するにも値段が高くて断念したことで、毎日誤魔化す日々に必死だとか!いつかバレることを考えたら早めに無くしたことを謝った方が自分の身のためです。

【2018年ギャル達の懺悔その7】

   「2週間で辞めちゃいました」と就職先を退職したのは、フリーターのUさん。初めての就職先だったのにも関わらず、社風や周りの人との関係が合わずにすぐ辞表を提出したとか...。仕事は楽しいだけではないので、様子を見たり我慢することも必要です。せめて3か月は続けて判断するのが良さそうです。


   以上、2018年ギャル達の懺悔7選はいかがでしたか?

   新年を気持ちよく迎えるためにも、気持ちの大掃除も必要です。

   みなさんも何か懺悔する思いがあるのなら、来年に持ち越さないよう新たな決意を固めてくださいね!

grp編集長・安部舞紗

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中