2018年 12月 11日 (火)

外国人労働者流入国第5位の日本 未来はどう変わる

印刷
trend_20181112120254.jpg

   現在、国会では外国人労働者の受け入れをめぐる「出入国管理法」の改正について、活発な議論が繰り広げられている。人手不足が叫ばれ、日本で働く外国人の重要性がますます増加する一方で、技能実習生たちの不当な労働や待遇が問題になるなど、解決すべき問題は山積みだ。今回は、日本で働く外国人労働者についてその理由と実態、今後の動きなどさまざまな視点から問題を探る3冊をご紹介。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

コンビニで働く外国人店員は何を夢見る

trend_20181112120356.jpg

   全国の大手コンビニで働く外国人店員はすでに4万人超。実にスタッフ20人に1人の割合だという。「移民不可」にもかかわらず、世界第5位の「外国人労働者流入国」に日本がなったカラクリとはいったい何なのか。『コンビニ外国人』(著者:芹澤健介 新潮社 821円)では、著者の芹澤氏が地道にコンビニを訪ね、外国人店員から話を聞いた彼らの本音と日本の現状を炙りだしていく。

   「彼らがそこで働く理由/アルバイトは週に28時間まで・100万人の外国人労働力に依存する日本・急増するベトナム人、ネパール人 ほか」「東大院生からカラオケ留学生まで/8人で共同生活・"辞めないでほしい"と毎月1万円・留学生の間にはびこる人種差別 ほか」「技能実習生の光と影/コンビニも技能実習制度の対象に?・技能実習生の労働環境・留学生が実習生をトレーニングする? ほか」「日本語学校の闇/9割が留学生という大学・年収100万円の日本語教師・教師一人で留学生100人という現場も・日本語学校が留学生の書類を偽造 ほか」など全7章。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中