2018年 12月 17日 (月)

糖質の適正な摂取を呼びかけ 「日本橋ロカボ祭2018」

印刷

   高血糖への注意を呼びかける「食・楽・健康協会」は2018年11月23日~25日の期間、「日本橋ロカボ祭2018」を東京・日本橋で開催する。

   「ロカボ」とは、同協会が推奨する、緩やかに糖質をコントロールする食生活のこと。1日に摂取する糖質量は1日70グラム~130グラムを目安としている。

  • 「プチシュー&アイスプレート」
    「プチシュー&アイスプレート」
  • 「鶏肉のコンフィ」
    「鶏肉のコンフィ」

糖質量40グラム以下のフードメニューを提供

   糖質は三大栄養素の炭水化物に含まれており、血糖値を上げる原因になっている。適正な糖質摂取を心がけることで、血糖上昇を抑えることができる。

   イベントでは、糖質量40グラム以下のフードメニュー、糖質量10グラム以下のスイーツメニューを提供する。メニューは「カレーうどん」「鶏肉のコンフィ」「プリンアラモード」「プチシュー&アイスプレート」といったものがある。

   また、「AGEs(エージーイー)」(最終糖化産物)の無料測定会も実施する。AGEsとは、糖質の過剰摂取から生じる老化物質で、健康や美容に影響を及ぼすといわれている。測定機器に指を入れると、約1分で判明する。

   そのほか、食・楽・健康協会代表理事で、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟氏らによるトークイベントや、ロカボに関するクイズラリーを実施する。クイズラリーの全問正解者にはプレゼントがある。

   詳細はイベント特設ウェブサイトへ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中