2020年 10月 22日 (木)

マッチングアプリで男性50人と「面談」 「未来の夫」探しに妥協なき女性の物語

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今では男女の出会いツールとして認知されつつある「マッチングアプリ」。ただ、これまで手を出したことのない人にとってはなかなか実体がつかめず、「怖い」「信用出来ない」と一歩踏み出せないのも事実...。

   そこで今回は、マッチングアプリを通じ、約1年半で約50人の男性と会った、32歳の会社員・Aさんにインタビュー。始めようと思ったキッカケから、マッチングアプリのメリット・デメリット、そして現在の状況を語ってもらいました。

  • この日を迎えるまでは…
    この日を迎えるまでは…
  • この日を迎えるまでは…

「結婚したい!」ちゅうちょしているヒマはない

   ―最初に、マッチングアプリでの婚活はいつから始めましたか?

2017年の春から始めました。それまでは、毎日合コン三昧の毎日を送っていたんですよ。何度幹事やったか...ってぐらい、合コン漬けの日々でしたね。でもある時に思ったんです。「これって効率的じゃない」って。1日の時間って限られているじゃないですか、その中で会える人も限られている。だったら、自分が好むスペックの男子と会える方がよっぽど効率的だ!って...。そういう思いもあって、マッチングアプリを始めました。

   ―最初は、何ていうアプリから始めたんですか?

まずは、周りの友人もやっていた「ゼクシィ恋結び 」ってアプリに手を出してみました。最初はいまいち使い方も分からなかったんですけど、仕事上、SNSには強いタイプだったので、慣れたらやり方もすぐ飲み込むことが出来ました。しかも、「年齢」「身長」「体重」といった簡単なベース以外にも、「年収」「結婚時期について」「婚姻歴」「兄弟姉妹」といったスペックも調べられたので、かなり自分の好きな条件を検索することが出来ました。

   ―そこからはどういうやり取りを?

「この人、タイプかも!」とか「会ってみたい!」と思った人には、ひたすら「いいね!」を押しまくりました(笑)。そこから相手も「いいね!」を押してくれると、メッセージの交換が出来るんですよ。メッセージのやり取りを何回かしたら、LINEのIDを交換して...といったパターンもあったりしましたね。メッセージよりもLINEの方が断然、やり取りがスムーズですし!

   ―マッチングアプリの根本的部分だと思うんですが、見ず知らずの人と会うことに抵抗はなかったですか?

う~ん、それはなかったですね。だって、こっちは人生でいう大舞台の「結婚」が掛かってるわけじゃないですか!?こんなところでちゅうちょしていたら時間がもったいないですよ。私は、とにかく「結婚したい!」って気持ちが強かったので片っ端から「いいな!」と思う人には会っていきましたね。ただ...。

   ―ただ...?(汗)ただ、なんですか!!!?

実は、まさかの最初に会った1人目の人と付き合うことになったんです。

   ―えっ!?いきなりですか?(汗)

はい...。めちゃくちゃ会話が楽しい人で、顔も自分の好みだったこともあって時間があっという間に過ぎちゃったんです。「この人ならずっと一緒にいたいかも!」なぁんて思っていたら、会ったその日に彼から告白されて...。

   ―会ったその日に告白ってヤバ...。いや、とてもいい出会いですね(笑)

そう思って私も付き合ったんですけど...。

   ―けど...!?

その彼とは、1か月ぐらいで別れちゃいました。

   ―いや、それもまた急っっ!!(笑)ちなみに別れた原因は?

私は真剣にお付き合いしたいと思っていましたよ!!でもある時に、友人から「これって、Aちゃんの彼氏じゃない?」って突然、他のマッチングアプリにログインしている彼の画面キャプチャーが送られてきたんですよ。彼、自信あるのか同じ写真を使っていたので...(笑)

   ―うわ...。そんなことってあるんですねぇ。

今から思えば、彼は色々なマッチングアプリを徘徊している、かなりのつわものユーザーだったみたいです。もちろん彼にその事実も伝えたんですけど、「仕事の都合で、やむを得ず使ってる」って、ちょっと怒りながら言われたんです。返し方も微妙で、この人、誠実じゃないかも...って思って別れを決意しました。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!