2018年 12月 18日 (火)

「BTS騒動」吹き飛ばす10代の韓国熱 JC・JK「流行語大賞」と「トレンド予測」

印刷

   女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける「AMF」(東京都港区)は2018年11月30日、「JC・JK流行語大賞2018」「2019年JC・JKトレンド予測」を発表した。

  • JC・JK流行語大賞2018
    JC・JK流行語大賞2018
  • 2019年JC・JKトレンド予測
    2019年JC・JKトレンド予測

タピオカ、プリクラ、たまごっち

   「JC・JK流行語大賞2018」は、「ヒト」「モノ」「アプリ」「コトバ」の4部門が発表された。

   ヒト部門一位は、今年のNHK紅白歌合戦に初出場する女性アーティスト・あいみょんさん(23)。若者のカリスマとも称され、独特の世界観が10代を中心に支持を集める。3位は、海外の映画情報サイト発表の「世界で最も美しい顔100人(2018年度)」にノミネートされた女優・今田美桜さん(21)が選ばれた。

   モノ部門は、台湾の人気飲料「タピオカミルクティー」の「タピオカ」が1位に。若者が集う東京・原宿にはタピオカ専門店が多い。2位は、スマホ全盛期のなか健闘しているプリクラ機「PINKPINKMONSTER(ピンモン)」だ。"モンスター級に盛れる写り"をコンセプトに、光の当て方を工夫している。

   アプリ部門1位は若者の定番となった動画配信アプリ「TikTok」となったが、2位には昭和世代には懐かしい育成ゲーム「たまごっち」のLINEアプリ「LINEで発見!!たまごっち」がランクイン。3位は位置情報を友人や恋人と共有できる「Zenly」、4位は自分そっくりの3Dキャラクターが作れる「ZEPETO」となった。

   コトバ部門は、ここでもタピオカ人気を物語る結果に。1位はタピオカ入り飲料を飲みたい時に使う、「タピる」という造語だった。5位は「インスタ映え」ブームの反動か、あえて見栄えが悪い写真を指す「インスタ萎え」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中