2018年 12月 14日 (金)

曲線デザインのハイレゾ対応ブルートゥーススピーカー

印刷

   スマートフォンアクセサリーおよび家電などを扱うアンカー・ジャパン(東京都中央区)のBluetooth(ブルートゥース)スピーカー「Soundcore Model Zero」が、2018年12月4日に発売。

  • デザイン性と高音質を両立
    デザイン性と高音質を両立

IPX5防水対応&握りやすい持ち手、どこでも高音質を楽しめる

   CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」に対応。曲線的なデザインの筐体にデンマーク「Scan-Speak(スキャンスピーク)」が設計したというドライバーユニット×4を搭載し、最大60ワットの迫力あるサウンド再生を実現した。独自の「BassUpテクノロジー」により、低音域も歪みが少なく力強いサウンドを楽しめる。

   IPX5防水性能を備えるほか、持ち手部分は持ち運びしやすいよう触り心地や握りやすさに配慮したといい、屋内外問わずに高音質を楽しめる。容量6700mAhバッテリーを内蔵し、最大10時間の連続再生が可能。Bluetooth 5.0をサポートする。

   価格は1万9800円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中