2018年 12月 11日 (火)

栄えある今年のギャル流行語大賞 「インスタ」よりも「TikTok」が順位動かす

印刷

   ガールズエンタメニュースサイト・grp by CROOZから派生した「GRP」が毎年発表している「ギャル流行語大賞」。

   今年は、ギャル御用達のファッションビル「SHIBUYA109」が90年代ギャルファッションをフィーチャーしたイベントを開催したり、2014年に休刊したもののギャルのバイブルとして渋谷カルチャーを牽引していた「egg」がウェブメディアとして復刊を遂げたりと、改めて「ギャル」の熱が高まった1年でもありました。

   「やっぱりギャルって可愛い!」「ギャル、最高!」と、再びギャルに視線が集まった2018年は、一体どういったギャル語がランクインしたのでしょうか?

  • 「TikTok」ではやった、このフレーズ
    「TikTok」ではやった、このフレーズ

「あの曲」にのせて動画を投稿するギャル続出

「2018年ギャル流行語大賞」、遂に発表です!

1位:いい波のってんね~
2位:好きピ
3位:あげみざわ
4位:映え
5位:あざまる水産
6位:ぐい縦ぐい横ぐい斜め的な
7位:すこ
8位:ミートテック
9位:どちゃくそ
10位:セトア

   今年は、スマートフォン向け動画共有アプリ「TikTok」が爆発的人気を集めたことで、同アプリで一大ブームとなった「今日の!お前は!いい波のってんね?♪隣の!あの子も!いい波のってんね?♪財布の!中身も!いい波のってんね?♪みんな!今日も!いい波のってんね?♪」といった歌詞のワンフレーズ『いい波のってんね?』が大賞に輝きました。

   一人での暇つぶしや、仲良しの友達・カップルと楽しむ遊びツールとして「TikTok」が新しい地位を築いたことで、同楽曲を使った動画を投稿するギャルが続出!パラパラテイストの簡単な振りもヒットし、みんなが真似する"いい波"現象が巻き起こったのも特徴です。

   2位には、「好きなピープル(People)」が略された=『好きピ』がランクイン。「今日は好きピとデート!」といった「好きな人」のことを表す使い方の他、「〇〇君の黒髪、1番好きピ!」といった「好き」を可愛くさせる言葉として、Twitter・Instagram・LINE・日常会話などで使用され人気を集めました。

   3位には、「あげ→あげみ→あげみざわ」と進化を遂げた「あげ」の最新形『あげみざわ』が登場。

   「バイト終わった!あげみざわ!」「今日一テンションあげみざわ!」など、テンションが上がっている時や嬉しい気分を表す言葉として、TwitterやLINEなどで使用されました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中