2018年 12月 17日 (月)

情熱と誠実さで企業の「光る部分」見つける

印刷

■『御社の「売り」を見つけなさい!』(小出宗昭著、ダイヤモンド社)

trend_20181205123033.jpg

   地域経済活性化は、大企業の誘致から小規模な企業の雇用創出へと広がりを見せている。ちいさな企業百社が一人ずつ雇用を生めば100人になる。

   静岡県富士市が10年前に開始した富士市産業支援センター(f-Biz)は、無料の経営相談に応じる公的組織であり、同様の施設が全国20箇所に増えている。売り上げの拡大を一番大切にするサポート、その秘訣はなにか。

   静岡銀行を脱サラしてこのセンター長に転じた小出宗昭さんの情熱と最新のノウハウを学べるのが本書である。

自社の「売り」はどこにあるのか

   f-Bizには、自転車屋さん、洋服屋さん、消防士の起業など身近な成功事例が張り出され、行列のできる相談所として10年間で累計3万件の相談実績をもつ。

   どんな企業にも強み、光る部分がある。それを見つけ出すことで活路が生まれる。となりの芝生は青いが、羨ましくなったり劣等感を覚えたりするその視線が、自社の「売り」を探す糸口になる。

   自分が顧客だったらと自社を客観的にみる。見つけた「売り」を成功に結びつけるには三つの条件がある。

 ・オンリーワンであること

 ・継続する情熱があること

 ・行動力があること

   通常業務以外で頼まれたこと、いままでの依頼で変わった仕事、ユニークな仕事は「売り」である可能性が高い。弱みが強みになることもある。瓶詰めのソース工場は高圧殺菌でき添加物がいらない。その特長を生かしてオーダーメイドでソースを作る企業に転身できた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中