2020年 10月 21日 (水)

濡れた路面と思ったらブレーキ効かない 超危険「ブラックアイスバーン」の恐怖

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

寒さが厳しい地域特有ではない!

   ブラックアイスバーン状態になっている道では、スリップによる落輪や衝突事故が想定される。対策についてJAFは、「急ブレーキ・急ハンドル・急アクセルなど、『急』のつく運転をしないこと」、「前方をよく見て車間距離をあけ、早めのブレーキ操作を心がけること」を挙げた。

   JAFによると、ブラックアイスバーンが発生しやすい時間は「昼間に積もった雪がとけたり、雨が降ったりした後の冷え込みが強くなる夜間や明け方」、また場所は「多くの車が停止や発進をくりかえす交差点」が考えられるという。北海道や東北などの寒さが厳しい地域特有の現象ではない。条件次第では関東でも発生する可能性があり、注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!