2021年 2月 25日 (木)

こんなにつらい... 「摂食障害」を知ってほしい

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

女優の枠を超えた遠野なぎこさんの覚悟と心の叫び

trend_20181210110543.jpg
「15歳の時、母親からお前は醜いと言われた。吐き方を教わった。その日から私は、食に支配されて生きている。この地獄から救ってくれるのは、精神薬?愛?それとも、死?これはダイエットではなく心の病。もう、隠したくない。この苦しみ、知ってほしい...」(本書より)。

   衝撃的な生い立ちを明かし、話題を呼んだ処女作から一年。摂食障害、強迫性障害、身体醜形障害など20年近く患い続けているさまざまな心の病について語った女優・遠野なぎこさんの告白本『摂食障害。食べて、吐いて、死にたくて。』(著者:遠野なぎこ ブックマン社 1404円)。

   「食べて、吐く。それは、15歳からはじまった。(「吐けばいいのよ」と教えられて/ 体重計の数値は私を裏切らない/ "過食嘔吐"の後に訪れた、"拒食"の恐怖 ほか)」「傷の舐め合いをして何が悪い?と思いながら、あなたの悩みにお答えします。(愛する彼に"摂食障害"を隠し続けるべきか?/ 大事な人に"摂食障害"を理解されなかったら?自分を認めることで、他人を信じられるかも ほか)」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!