2019年 12月 14日 (土)

RADWIMPSの新作
「第二の成人アルバム」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「安泰世代」に対してのアンチ

   「一段と自由になった」と思ったもう一つの要素が、他のアーティストとコラボレーションしていることだ。ONE OK ROCKのヴォーカルのTAKA、今、注目のシンガーソングライター、あいみょん、ニューヨーク在住のラッパー、MIYACHIと演奏力には定評のあるジャズロックバンド、SOIL&"PIMP"SESSIONSのトランペッター、Tabu Zombie。彼らの参加が音楽の幅をより広げていた。

   1000人の18歳をはじめ、すでに活躍しているミュージシャンも含め、様々な世代が作り上げることになった33歳のアルバムに「ANTI ANTI GENERATION」というタイトルがついた。GENERATION、そう、「世代」である。野田洋次郎は「ギリギリに思いついて、実は違うタイトルで資料も作っていたんです」と言った。

   「ANTI ANTI GENERATION」。"アンティ アンタイ ジェネレーション"という読み方のルビが付けられている。

   もし、「アンティ・アンティ」だとしたらどうだろうか。「アンチ・アンチ・エイジング」とか「アンチ・アンチ・巨人」というように「何でもアンチする」という風潮に対しての「アンチ」という意味だろう。でも、二つ目を「アンタイ」と読むと意味が違ってくる。漢字の「安泰」である。世の中に蔓延する「安泰志向」に対してのアンチ。そういう「安泰世代」に対してのアンチ。このアルバムはそういう人たちで作り上げたアルバム、ということにならないだろうか。

   アルバムの収録曲の歌詞の中に何度となく「敵」という言葉が出てきていた。これから何かを志す18歳にとっての「敵」というような意味でだ。今、彼らにとっての「敵」というのはどういう存在なのだろうと思った。

「大きな世間とでも言いましょうか。ふわっとして漂っている暗黙の無意識。世間の中に同じように存在してるんだけど、自分はその一味じゃないと思っている無意識。自分は加害者ではないと思っている加害者が一番厄介なんでしょうね」

   アルバムの中に「PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~」という曲があった。

   「君の名は」以降、パパラッチに追い回された経験から生まれた歌と言って良いだろう。そのミュージックビデオの中で野田洋次郎は自ら縊死するというシーンを演じている。

   自分が18歳の時には18歳をテーマにした作品は作れないだろう。アルバム「ANTI ANTI GENERATION」について彼は「第二の成人アルバム」のようなものかもしれない、と言った。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!