2019年 6月 21日 (金)

【超大胆予測!2019年はこうなる(3)】新丼貴浩が当てる 日本一早い?「セ・リーグ順位予想」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   2018年にリーグ3連覇を果たした広島東洋カープ。「セ・リーグMVP」丸佳浩選手の読売ジャイアンツへの移籍、新井貴浩選手の引退、カープで7年間プレーしたブラッド・エルドレッド選手の退団......。こうした戦力が抜ける中で、4連覇へのシナリオは――。

   新井貴浩さんのそっくりさんで、「1日の半分くらいはカープのことを考えている」という新丼(あらどん)貴浩さんに、2019年シーズン注目のカープ選手、そしてセ・リーグ順位予想をしてもらった。

  • 新丼(あらどん)貴浩さん
    新丼(あらどん)貴浩さん

FA丸の穴を埋める選手は...

「カープは2019年も絶対強いですよ。4連覇はいけると思います」

   新丼さんは優勝メンバーの丸選手を除き、カープの大きな戦力ダウンはないとの見立てだ。丸選手が守っていたセンターは、昨年126試合に出場した俊足強肩の外野手、野間峻祥選手(25)がレギュラーを勝ち取ると予想する。そして野間選手が守ることが多かったレフトで、今季は熾烈なレギュラー争いが生まれると踏んでいる。

   候補のひとりが、下水流昂(しもずる・こう)選手(30)だ。18年7月20日、ジャイアンツのマシソン投手から延長10回裏にサヨナラホームランを打った。153キロのストレートをライトポール際の外野席に叩き込んだ、そのポテンシャルの高さを買っている。

   下水流選手と、打撃センスが光る西川龍馬選手(24)、今季25本塁打の外国人、サビエル・バティスタ選手(26)、「今年がラストチャンス」と背水の陣で挑む堂林翔太選手(27)、2012年ドラフト1位の高橋大樹選手(24)といった20代半ばの選手が争う展開を期待する。

   カープ4連覇を予想する新丼さん。取材した18年12月上旬は「各球団の補強が固まっていないため、未知数な部分もある」としたうえで、ほかの球団の順位も予想してもらった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中