2019年 10月 23日 (水)

著作権がこっそり伸びた時代に著作権がなかった頃の「バッハの名曲」を考える

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2019年の初頭、日本のマスメディアでの大きな関心事は「平成という時代の終わり」のようです。ほとんど何でも「平成最後の~」をつければよいのではないか、という勢いを感じてしまいます。

   確かに今年日本では、平成から次の元号に替わる、という大きなことがありますが、音楽家としては、2018年の最後のこっそり切り替わったことに関心を払わざるを得ません。それは、「日本での著作権の延長」です。正確に言うと、2018年12月30日に、それまで日本では著作権者の死後50年保護されていた権利が、死後70年に伸びました。実に20年も伸びたのです。

  • 『バッハのメヌエット』がペツォールト作品と確定したのは1970年代。筆者が子供のころ使っていたこの楽譜にはまだペツォールトの名前は書かれていない
    『バッハのメヌエット』がペツォールト作品と確定したのは1970年代。筆者が子供のころ使っていたこの楽譜にはまだペツォールトの名前は書かれていない

EU、米国にならう日本

   その原因はTPP。テレビの現場で、「TPPの影響で、タレントさんの写真が似顔絵に切り替わってゆくよ」と聞かされたのは数年以上前でしたが、もともと、EUが1993年、統一に合わせて70年とした保護期間を、98年にアメリカがそれに習ったことがきっかけでした。TPPの原型となった枠組みに、リーマンショック後にアメリカが加入すると、日本も参加が既定路線となり、映画以外は50年だった著作権保護期間が延ばされるという議論が始まりました。アメリカに関してはトランプ大統領当選という大どんでん返しがあり、TPPから脱退してしまい、TPP11と呼ばれるものになりましたが、そこで著作権保護に関する協定もいったん凍結となったはずなのに、日本は2018年のTPP11の条約承認の時に、なぜか著作権保護期間の延長も盛り込まれ、2019年現在、作者の死後70年となっています。

   演奏家として、作曲家としては、著作権保護期間が延びたのは良いことのように思えますが、あくまで本人の「死後」ですし、むしろ、存命中の特に若い人たちの作品が、無断、または敢えて二次使用されている現状なども見ると、どちらかというと著作者の親族というより、著作物を扱う団体の儲けを保護しているような保護期間の延長よりも、優れた著作物が生まれる環境を整備し、作品が生まれた段階から保護しつつできるような仕組みも必要かと思います。同時に、音楽などは、「皆様に聴いてもらってナンボ」なので、最近の行き過ぎた著作権料徴収のニュースなどにも、違和感を覚えます。

   今日の1曲は、著作権保護などの感覚が全くなかった時代の、名曲、かつ、有名曲です。J.S.バッハの「ト長調のメヌエット」です。ピアノ入門者が必ずと言ってよいほど学習するシンプルな曲ですし、ポピュラーソングにもアレンジされて、「バッハのメヌエット」として世界中で愛されています。

   しかし、これは、J.S.バッハの作品では全くありません。作曲したのは同時代のドレスデンのオルガニスト、クリスティアン・ペツォールトの作品ということが分かっています。

   そのため、バッハの作品につけられるバッハ作品番号(BWV)も、散逸した作品や偽作につけられる補遺番号をつけて(BWV. Anh 114)という番号で現在は分類されています。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!