2019年 11月 21日 (木)

赤ちゃんの気持ちでベビーカー選んでいますか ママの約半数「購入に後悔」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アップリカ・チルドレンズプロダクツ合同会社(本社=大阪市中央区)は2019年3月1日、「ベビーカー」選びに関する、ママと妊娠中のプレママの意識を調査した結果を発表した。

  • ベビーカーは誰のため? 使いやすさを選ぶ「ママ」のため? 振動を気にする「赤ちゃん」のため?? 同社のアンケート調査グラフ
    ベビーカーは誰のため? 使いやすさを選ぶ「ママ」のため? 振動を気にする「赤ちゃん」のため?? 同社のアンケート調査グラフ

「振動ストレス」3人に1人程度しか知らない

   調査はインターネットで、2018年12月14日~12月24日の10日間、全国の生後6か月以下の赤ちゃんがいる女性(以下「ママ」)、もしくは妊娠10か月以下の女性(以下「プレママ』)を対象に行われた。有効サンプル数は1266(ママ:1051、プレママ:215)。

   結果から、ママもプレママも、ベビーカー選びは「使い勝手やデザインに関する利点」を優先する傾向が高いが、購入後は約半数が何らかの後悔を持っている点が浮かび上がった。また、「赤ちゃんの気持ちになって選んだ」と明確に言えない人が4割存在する。

   そのほか、

・赤ちゃんの「振動ストレス」についてはママ、プレママともに、3人に1人程度しか知らなかった
・ママ、プレママともに約半数が「これまで赤ちゃんと振動について学ぶ機会が無かった」
・赤ちゃんの成長や発達についての情報をもっと知るために「小児科医や助産師などの専門家によるセミナー」が欲しいと希望している

といった点も調査から分かった。

重視点「使い勝手やデザイン」が「赤ちゃんに関すること」を上回る

   ベビーカーの年間販売台数は、60~70万台程度(出典=経済産業省)とされており、2018年出生の赤ちゃんの数(94.1万人)を母数として計算すると、8割が保有していると推測される。

   調査で、ママとプレママに「ベビーカーを選んだ際に重視した、もしくは今後選ぶ際に重視したいこと」を尋ねたところ、

「『軽さ』、『コンパクトさ』、『デザイン』、『片手で折りたためる』」という使い勝手やデザインに関すること

といった回答群と、

「『赤ちゃんの安全のための対策』、『振動を吸収する』、『座面の高さ』、『日よけ』」という赤ちゃんに関すること

の回答群を比較すると、ママにおいては、「使い勝手やデザイン」の1位「軽さ」が、「赤ちゃんに関すること」の1位「赤ちゃんの安全のための対策」を11.1ポイント上回った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!