2019年 11月 19日 (火)

女子高生7割「フェイクニュース見破る自信ない」 中高生の意識調査で実態浮き彫り

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   虚偽情報で作られた「フェイクニュース」。むやみに拡散されると、社会不安を招く危険性がある。しかし「フェイクニュースを見破る自信がある」中高生は半数に満たず、女子高校生に限っては7割以上が「見破る自信がない」と回答した調査結果がまとまった。

   アンケートアプリの開発・運営などを手掛けるテスティー(東京都中央区)がMMDLabo(東京都港区)が運営するMMD研究所と共同で行い、2019年3月13日に結果を公表した「中高生のフェイクニュースに関する意識調査」の内容だ。

  • 中高生のフェイクニュースに関する意識調査
    中高生のフェイクニュースに関する意識調査
  • 「フェイクニュース」という言葉の認知
    「フェイクニュース」という言葉の認知
  • 「フェイクニュース」という言葉の認知 ※性別・学生別
    「フェイクニュース」という言葉の認知 ※性別・学生別
  • フェイクニュースに騙された経験
    フェイクニュースに騙された経験
  • フェイクニュースを見破る自信
    フェイクニュースを見破る自信
  • フェイクニュースを見破る自信 ※性別・学生別
    フェイクニュースを見破る自信 ※性別・学生別

フェイクニュースの「認知度」は高いが...

   調査対象となったのは12歳から18歳のスマートフォンを所有する中学生、高校生の男女1248人だ。

   そもそも中高生たちは「フェイクニュース」という言葉を知っているのか。認知度について調べると、84.6%が「知っている」、「聞いたことがある」と回答し、「知らない」と回答したのは15.4%だった。また性別・学生別に回答内訳を見ると、最も認知度が高かったのは「男子高校生(70.2%)」、最も認知度が低かったのは「女子高校生(59.9%)」となった。

   「フェイクニュースを見たことがある」と回答した537人に対する、「フェイクニュースに騙(だま)されてしまった経験があるか」との質問。「騙されたことがある」は26.3%、「騙されたことはない」は73.7%となり、7割以上が騙されたことがないという結果に。さらに、「実際にどんなものを見たことがあるか」を尋ねたところ、

「映画館で玉ねぎエキスで泣かせるというニュース」
「芸能人の熱愛報道」
「水族館のマグロがカメラのフラッシュのせいで死んでしまったというニュース」

などの例が挙がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!