2019年 4月 19日 (金)

身近な食材で「ふわとろ食感」の生マヨネーズが作れるマシン

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タカラトミーグループのタカラトミーアーツ(東京都葛飾区)は、"生マヨネーズ"が作れる「究極のMYO」を、2019年3月28日に全国の雑貨店および玩具店などで発売する。

  • できたて・ふわとろの生マヨネーズが自分で簡単に
    できたて・ふわとろの生マヨネーズが自分で簡単に

オイルや酢、塩などこだわりの素材でアレンジも楽しめる

   たまごかけごはん専用マシン「究極のTKG」、究極の納豆を追求した「究極のNTO」に続く"究極シリーズ"第3弾。通常ではなかなか出せない"ふわふわ食感"が際立つ「生マヨネーズ」が自分で作れるマシン。

   卵、食用油、酢、塩、コショウなどの食材を使用する。所要時間はおよそ5分。

   ミキサー部分が2層で回る機構を採用。下層では卵の白身を混ぜて作るメレンゲで"食感"を、上層では黄身と調味料、オイルなどマヨネーズの"味部分"を別々に作り、最後にそれらを合わせることで、口の中でふわっと弾け溶ける生マヨネーズが完成する。

   メレンゲでふわふわ感を増しており、見た目にも華やかなボリューム感で食卓を楽しく彩れるという。

   食用油に変えてオリーブオイルやごま油、あまに油など、また酢もワインビネガーや黒酢などに変更可能。粗挽きコショウや岩塩、ハーブソルトなど、こだわりの素材でアレンジしたり、泡立て時間などを調整すれば食感の変化も楽しめる。

   同社ウェブサイトでは「やまや めんたいチューブ からしめんたい」を使用した生マヨネーズなどのオリジナルレシピを順次公開していくという。

   電源は単2形アルカリ乾電池×3本。

   価格は4500円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中