2019年 12月 8日 (日)

前がすべると笑いが溜まる オール巨人さんが振り返る「神様が降りる時」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   週刊プレイボーイ(3月18日号)の「オール巨人の劇場漫才師の流儀」で、巨人さんがウケる条件を語っている。先ごろ奈良県三郷町で収録されたNHKのラジオ番組「上方演芸会」での経験だ。1949年に始まる長寿番組で、新作を披露するのが出演の条件とされる。

   「僕らは『高齢者結婚相談所(仮題)』というネタをやったのですが、いやあ、ようウケましたね。上方演芸会であんなに気持ちよく演じられたのは初めてで、最近では一番の出来でした」...このように、漫才の神様が舞い降りたかのような舞台がたまにあるそうだ。いくつもある大ウケする条件の一つに、「前の演者がすべる」というのがある。

「もちろんそれを期待したりはしませんが、前の演者がすべるとお客さんの中の『笑いたい』という感情がどんどん溜まっていくことがあるんです。時には重い空気のまま終わるケースもあるのですが、この日は溜まるパターンでした」

   当日の出演者は、トリのオール阪神・巨人を含めて5組。若手コンビ2組のネタが被ってしまい、運悪くあとで演じた組、つまりトリ前を務めたコンビはウケなかった。

   よどんだ空気の中で登場した阪神・巨人、持ち時間は約15分とたっぷり。余裕があるので、巨人さんたちは業界でいう「ありネタ」から始める。落語でいうマクラだ。

「前がウケてないのにそのままネタに入ってしまうと、その連鎖で静かなまま終わってしまうこともあるので、ありネタを入れるんです」
  • 漫才の定席に並ぶ人たち。若手には出番の前後も気になるところだ=東京・浅草の東洋館で、冨永写す
    漫才の定席に並ぶ人たち。若手には出番の前後も気になるところだ=東京・浅草の東洋館で、冨永写す

ドッカン、ドッカン来た

   「ありネタ」とは、新人なら「僕らのこと知ってるぞ~という人、拍手してください~」...それで拍手が少ないと「まだあるんやねー、テレビのない家(笑)」みたいなやつだ。

   その日の公開収録地は奈良県だったので、巨人さんたちは「奈良はええね。空気はおいしいし、奈良にしかないものいっぱいあるしね。まず奈良駅」「当たり前やんか」といったやりとりで場を温めたうえで、新ネタである高齢者の結婚事情に移った。すると...

「ドッカン、ドッカン来ましたね。前の演者の分の笑いをもらったような感覚でした」

   ここで巨人さんは、審査員で出演した昨年12月の「M-1」決勝を例示する。テレビ朝日が生放送する(若手)漫才日本一を決めるバトルである。

「前半が少し重くて、お客さんの笑いたいエネルギーが溜まっていたところに、霜降り明星が登場。笑いを一気に爆発させて、そのまま優勝をさらっていきました」

   なるほど。演者として、評者や審査員として経験豊富な巨人さん。理屈では割り切れない芸人の日常や舞台を、こんな覚めた筆致で紹介してくれる。貴重な連載である。

冨永格(とみなが・ただし)

コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!