2019年 5月 22日 (水)

作家のTシャツ愛 村上春樹さんはクルマ柄ならフォルクスワーゲン推し

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   POPEYE4月号の「村上T」で、村上春樹さんがクルマをデザインしたTシャツについて書いている。副題「僕の愛したTシャツたち」が示す通り、アメリカ文化に通じた村上さんが百花繚乱のTシャツを写真つきで語り尽くす、そんな連載らしい。

   マガジンハウスが出しているポパイは、シティボーイズ向けに創刊されて43年という男性ファッション誌。世界のムラカミが連載していても不自然ではない。4月号で第9回。ノーベル文学賞候補の書き下ろしに毎月出会える、貴重なコラムである。

   「Tシャツにはいろんな種類の図柄のものがあるけど、ジャンル別で言えば、自動車関係のTシャツをうまく着こなすのって、思いのほかというか、けっこう高等な業(わざ)が要求されます」...出だしは普通。勇気を持って言えば、私あたりでも書けそうだ。

「たとえば、フェラーリとかランボルギーニとかの図柄のTシャツって、通常の社会的感覚を持った大人は、まず着こなせないですよね」

   要するに、そんなスーパーカーを胸元につけて街を歩けば「ガキかよ」みたいになると。村上さんに言わせれば、メルセデス、BMW、ポルシェあたりも小金持ち風の雰囲気が漂い、「寒い結果に終わってしまうかもしれない。たぶんやめた方が安全です」となる。

   かといって、国産のハスラー(スズキ)とかプリウス(トヨタ)のTシャツを着たいかというと...「なかなかそういう気持ちにもなれない。少なくとも僕はなれそうにない」

  • もうすぐTシャツの季節。店頭にはカラフルな新作が並ぶ=東京都内で、冨永写す
    もうすぐTシャツの季節。店頭にはカラフルな新作が並ぶ=東京都内で、冨永写す

VWがちょうどいい

   なら、どんなクルマのTシャツがいいのか。村上さんの自問自答は、私にすれば意外にもドイツの国民車、フォルクスワーゲン(VW)に落ち着く。

「つらつら考えを巡らせていくと『フォルクスワーゲンくらいがちょうどいいのかなあ...』という結論にどうしてもたどり着くことになる。不思議にフォルクスワーゲンが、すっぽりその適正なポジションにはまっちゃうんです」

   やや強引にも思えるが、ここからが具体例を挙げての各論である。村上さんはまず、赤地に白で描かれた「New Beetle」のTシャツを紹介する。横のページ全体に、その写真がつく。ビートルとは世界中で走ったあのカブトムシ、その現行モデルである。

「街で着ていてとくに気恥ずかしくもないし、とくにエバッているようにも見えない...中産階級的ではあるんだけど、貧乏くさくはないし、ライフスタイルみたいなものもそれなりに、無口に持ち合わせている」

   普通に着こなすにはちょうどいい案配、ということなのだろう。続けて筆者は、他社を含め3車種にまつわるTシャツを、写真を添えて論評している。

   それぞれに「さりげなくていい」「なかなか悪くない」「コム デ ギャルソンのジャケットの下にやくざに着たりすると、それなりに決まるんだけど...」等のコメントがつく。

冨永格(とみなが・ただし)

コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中