2019年 10月 23日 (水)

ショパンの青春の旅立ち 「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本は4月から「新年度」となりますから、3月は卒業シーズン、4月は新入学・新学期シーズンですね。咲きほこる桜が卒業式、または入学式にいろどりを添え、思い出を作ってくれます。欧米のように9月を新学期とするという提案もありますが、桜と共にある日本の春の風景がある限り、なかなか難しいような気もします。

   今日は、そんな時期に聴きたい、「ピアノの詩人」フレデリック・ショパンの代表的作品を取り上げましょう。「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」です。

  • 「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」の前半はノクターンのように、静かでメロディアスな曲である
    「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」の前半はノクターンのように、静かでメロディアスな曲である
  • 後半のポロネーズ部分、ピアノ独奏版の楽譜では、協奏曲版でオーケストラによって演奏される部分は小さな音符で記譜されている
    後半のポロネーズ部分、ピアノ独奏版の楽譜では、協奏曲版でオーケストラによって演奏される部分は小さな音符で記譜されている

ウィーンでのやりきれない思いをピアノにぶつける

   ポーランドに1810年に生まれたショパンは、若くして才能を発揮し、ワルシャワ音楽院を卒業してすぐ、外国に出ます。それは、彼の才能は欧州の辺境国ポーランドに置いておくのは惜しいと考えられたことと、祖国ポーランドには革命の機運がみなぎっており、戦乱が巻き起こるかもしれないと周囲が、その才能を一層光らせ、さらには混乱から守るために送り出した・・というような事情が背景にありました。

   ワルシャワ音楽院では院長のエルスネル先生直々に教えを受けていたショパンは、恩師や友人の見送りのもと、ポーランドを後にします。しかし、彼が最初に向かったのは、のちに人生の後半を過ごすことになるフランスではなく、「音楽の都」ウィーンでした。

   革命前夜の祖国に別れを告げて、ウィーンにたどり着いたショパンは、演奏会に出演し、自作を披露したりして、歓迎され、活躍しました。しかし、いったん祖国へ戻り、もう一度、前回以上の成功を夢見てウィーンに現れたものの、今度は、ひどく冷たく扱われました。なぜなら、祖国ポーランドでは、ついに対ロシアの蜂起がおこり、同じく大国のメッテルニヒ体制のオーストリアでは、ポーランド人は冷たく扱われたということ、当時のウィーンでは、ショパンも敬愛するモーツァルトやベートーヴェンの音楽より、シュトラウス親子などの「ワルツ」のほうが大流行していた、ということ。そして、なにより音楽の都であるだけに、タールベルクなどの「派手なピアニスト」がすでに活躍していて、ウィーンの人は食傷気味であり、線の細いショパンは、ピアニストとして人気を獲得するまでに至らなかった、ということなどが原因でした。

   まだ20代前半の多感なショパンは、祖国はロシアに蹂躙されて国境が封鎖され、帰れなくなっただけでなく、ウィーンでの冷たい仕打ちにもあって、社交の場では明るくふるまうものの、自宅では、そのやりきれない思いをピアノにたたきつけたのです。皮肉なことに、ピアノに思いをぶつけたショパンは、この時期から、傑作を次々に生み出し始めます

   その中に、1曲のポロネーズがありました。フランス語で「ポーランド風の」という意味である「ポロネーズ」は、同じポーランドの舞曲でも、民族舞曲といえる「マズルカ」よりも直接的に「ポーランド」を表現します。祖国は燃えているのに、自分は異国の地で無力さを感じている・・・この時期のやるせない思いのショパンにとって、特別な「ポロネーズ」であったことは間違いありません。

パリで「大人の音楽家」として歩み出す

   ウィーンに登場した当時、ショパンが携えてきたのは、20歳そこそこで書いた二つのピアノ協奏曲でした。オーケストラをバックにピアノがソロを演奏する華やかな形式は、演奏家としても、作曲家としても、名前を売るのに好都合だったのです。そのため、この「ポロネーズ」もオーケストラ伴奏がつけられますが、あくまでピアノが得意楽器で、残念ながら管弦楽はあまり得意ではなかったショパンは、協奏曲でもオーケストラパートが雑であると非難を受けていますが、おそらく時間がない中で書かれたポロネーズの管弦楽パートは、さらに単調で伴奏に徹していて、あまり協奏的とはいえません。したがって、この曲にはピアノ独奏版も存在し、皮肉なことに「協奏曲版」とほとんど変わらない聴き映えがするために、現在では独奏曲としても良く演奏されます。

   ショパンは、冷遇されたウィーンを後にして、父の祖国フランスに向かいました。道中のドイツ、ミュンヘンやシュトゥットガルトで開いた演奏会が好評で、ウィーンで自信を失いかけた彼は、再び音楽家としてやっていくことを決意します。しかし、祖国では、いよいよロシアが大軍を投入し、蜂起軍は完全鎮圧されてしまいます。

   後ろ髪をひかれる思いで、ショパンはパリに到着しました。到着してみると、音楽の都ウィーン以上に華やかな都会で、実際に音楽の中心地も、ウィーンから産業革命真っただ中のパリに移動しつつありました。ショパンはこの地で、大人の音楽家としての確かな1歩を踏み出すことになります。

   ウィーンで、管弦楽付きのポロネーズとして作ってあった曲に、ゆったりとしたノクターン(夜想曲)的な前半を付け加えることにしました。アンダンテ・スピアナート(ゆったりとしたテンポで、落ち着いて)とイタリア語で名付けられた前半を作曲し、後半を「華麗なる大ポロネーズ」と名付けて1つの曲にして、パリで1836年に出版されます。

   学校を卒業し一人前の若手音楽家として、祖国を離れたショパンの、祖国への思いと青雲の志が感じられる、どこか悲しみをたたえつつ、なおかつ勇壮でもある名曲です。現在でもショパンのメインレパートリーとして演奏され、映画「戦場のピアニスト」では、第二次世界大戦の壮絶なワルシャワを生き延びたピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマン氏が戦後に演奏している、という設定で、映画のエンドロールにも使われました。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!