2019年 4月 24日 (水)

復活「iPad Air」進化「iPad mini」 いずれも「Apple Pencil」に対応

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アップルは、タブレット端末「iPad」シリーズ2モデルを2019年3月下旬に発売。いずれもスタイラスペン「Apple Pencil(第1世代)」(別売)に対応し、手書きのスケッチや書類の作成、写真のレタッチなどが可能だ。

  • いずれも持ち運びしやすいボディに先進の性能を搭載
    いずれも持ち運びしやすいボディに先進の性能を搭載

複数アプリの同時使用やAR、ゲームも十分楽しめる

「Neural Engine」を搭載したプロセッサー「A12 Bionic」により、パフォーマンスやグラフィックス性能が向上し、複数のアプリが同時に使用できるほか、AR(拡張現実)やゲームなども十分に楽しめる。

   800万画素メイン、700万画素サブカメラ(FaceTime HDカメラ)を搭載。OSは「iOS 12」をプレインストール。指紋認証「Touch ID」、ステレオスピーカー、マイクなどを装備。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。

   カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色。内蔵ストレージ容量は64GB/256GBの2モデルを用意する。

   価格は、10.5型(2224×1668ドット)Retinaディスプレイを搭載した「iPad Air」Wi-Fiモデルが5万4800円~(以下全て税別)、Wi-Fi+Cellularモデルが6万9800円~。

   7.9型(2048×1536ドット)Retinaディスプレイを搭載した「iPad mini」は、Wi-Fiモデルが4万5800円~、Wi-Fi+Cellularモデルが6万800円~。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中