2019年 12月 6日 (金)

サッカー日本代表の試合をARで楽しむ 「5G時代」見据えた新たな観戦の形

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大手通信会社KDDIと日本サッカー協会(JFA)、キリンは、2019年3月26日に行われたサッカー「キリンチャレンジカップ2019」日本―ボリビア戦でAR(拡張現実)技術を活用した「ARサッカー観戦」サービスを、試合が行われたノエビアスタジアム神戸の一部のシートで実施した。

  • テレビ映像を使った「視点ジャンプ」」も!
    テレビ映像を使った「視点ジャンプ」」も!
  • 試合中にARゲームも!!
    試合中にARゲームも!!
  • スタッツゲームも充実
    スタッツゲームも充実

自席のタブレット型端末を駆使、チームや選手のスタッツを表示

   同サービスは「XRテクノロジー」導入の先駆けとして行われた。「XR」とはARやVR(仮想現実)といった技術の総称だ。スタジアムの一部シートにタブレット型端末を設置。次世代の通信規格「5G」時代を見据えた施策として、AR技術を活用した以下のような楽しみ方を提供した。

(1)視点ジャンプとスタッツ表示
=自席以外の好きな視点から試合を観戦できる「視点ジャンプ」(テレビ中継の協力も得て実現)。また、チームや選手ごとのスタッツ(チームや個人の成績をまとめたデータ)を表示。スタッツはリアルタイムで更新され、試合をより詳細に楽しめる
(2)スタッツゲーム
=試合前、シュート数やボール支配率など、さまざまな要素で試合結果を予測するゲーム
(3)ARゲーム
=「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」という名称。ハーフタイムなど、試合中以外の時間で、AR空間上に現れたゴールの的を打ち抜くというもの

   同企画を進めた「au BLUE CHALLENGE」は、

「全力を全力で応援する。賢明なプレーをする選手たちとともに、私たちauも挑戦します。勝利へのサポートから、新視聴スタイルの提案、あるいはプロダクトの開発まで。auが持つ通信テクノロジーを生かして『新しいサッカー体験』の創出に挑み、サッカー日本代表を全力で応援していきます。味わったことのない興奮を、皆さんと」

とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!