2019年 6月 18日 (火)

「令和」は平和につながる新元号 著名人の「解釈ツイート」になるほど

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   新元号が「令和」と発表された。出典は日本最古の歌集「万葉集」、「梅花の歌三十二首」だ。

   ツイッターでは、著名人らが「令和」について持論を展開し、こめられた意味を「解説」する投稿に注目が集まり、「わかりやすい」と話題だ。

  • 新元号の額縁(首相官邸にて撮影)
    新元号の額縁(首相官邸にて撮影)

昭和、平成、そして令和世代が手を合わせれば...

   動画配信サービスを手掛ける「SHOWROOM」の前田裕二社長は2019年4月1日、「令和、凄くいい...!」と新元号を絶賛ツイート。そのうえで「まず『eiwa』で平和と韻踏んでて語感・リズム感がいい」、「平成と令和合わせると平和になる」、「昭和と平成合わせても平和になる」という3つの理由を挙げ、以下のように考察した。

「昭和と平成と令和――全ての世代が手を合わせると、『平和』が訪れるって事か!」

   このツイートに対し、リプライ(返信)欄には「しっくり来る」、「感動した」といった声のほか、

「平和...だから新元号がしっくりとストンと心に響いてきたんですね」
「昭和から1文字しか変わっていない、と思ったけど、『和』を残こした意味」

   このように、前田氏の考えに賛同し、納得する書き込みが多数あった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中