2021年 2月 25日 (木)

母が「便秘症状」だと子の46%が便秘 日本トイレ研究所「母親と子どもの排便実態調査」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

排便に関する情報、多くが「家族」や「友人」から

    親と子どもの便秘状況の相関性について。「母親が便秘状態」の場合は「子どもが便秘状態」が46.4%、「子どもが便秘状態ではない」が53.6%だ。しかし「母親が便秘状態ではない」場合は、「子どもが便秘状態」が27.9%に対し、「子どもが便秘状態ではない」は72.1%と、母子ともに便秘状態ではない人が圧倒的に多かった。

   母親たちは排便に関する情報をどこから得ているのか。再度「子どもが便秘状態」と、「子どもが便秘状態ではない」とに分け、情報源を聞いている(複数回答可)。「子どもが便秘状態」の場合、1位は「家族(21.0%)」、2位が「友人(19.5%)」で、「子どもが便秘状態ではない」場合、最多回答が「友人(15.1%)」、次いで「家族(13.7%)」と、1位と2位が逆転した。

   結果を受け、日本トイレ研究所は、母親たちが病院や保健所のような専門機関よりも、家族や友人に頼る傾向があると分析。子どもの排便状況を改善していくために、排便に関する正しい情報の発信し、また保護者がその情報を得やすい環境を整えることが必須だとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!