2019年 12月 11日 (水)

「コールドブリューコーヒー」ができるまで 気鋭のクリエーターがミニチュアで表現

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スターバックス・コーポレーション(米国シアトル)とサントリー食品インターナショナル(東京都中央区)は2019年5月14日、「スターバックス・コールドブリュー コーヒー」(ブラック無糖)を全国のコンビニエンスストアで、期間限定で発売する。

   発売日前日の5月13日には、東京都内のギャラリーでイベント「A Story of Starbucks Chilled Cup Cold Brew」が開催された。ジオラマアニメーターのMozuさんとコラボレーションしたもので、同商品ができあがるまでをストーリー化したミニチュアアートが展示された。

  • 「スターバックス・コールドブリュー コーヒー」の製造工程を表現したミニチュア模型
    「スターバックス・コールドブリュー コーヒー」の製造工程を表現したミニチュア模型
  • 屋上ではコーヒーの栽培・収穫作業が行われている
    屋上ではコーヒーの栽培・収穫作業が行われている
  • コーヒー豆の焙煎作業
    コーヒー豆の焙煎作業
  • コールドブリューコーヒーの断面の制作は特に大変だったとの話
    コールドブリューコーヒーの断面の制作は特に大変だったとの話
  • パッケージした商品は裏側の店舗に並ぶ
    パッケージした商品は裏側の店舗に並ぶ
  • 裏側はカップの形の店舗になっている
    裏側はカップの形の店舗になっている
  • 模型を制作したジオラマアニメーターのMozuさん
    模型を制作したジオラマアニメーターのMozuさん
  • 「スターバックス・コールドブリュー コーヒー」
    「スターバックス・コールドブリュー コーヒー」

丁寧な作品を通して商品のこだわりを知ってほしい

   「コールドブリューコーヒー」とは、コーヒー豆を水で抽出したもの。スターバックス・トレーディングのブランドマネジャーによると、お湯で抽出し急速に冷やして作るアイスコーヒーと比べて、時間はかかるが苦みや酸味を抑えられる。

   「スターバックス・コールドブリュー コーヒー」は、コールドブリュー専用のコーヒー豆を選別してブレンド、ローストし、丁寧に時間をかけて抽出することですっきりした後味となめらかな舌触りになっているという。抽出に様々な技術を要するコールドブリューコーヒーの味を多くの人に知ってもらうために、チルドカップでの商品化が実現した。

   手間を惜しまず作られた商品のコンセプトを表現するために選ばれたのが、ジオラマアニメーターのMozuさんだ。非常に精巧なジオラマを制作する若手クリエーターとしてSNSで話題になった人物で、J-CASTトレンドでも2018年7月に単独取材している。(「超精密「友達の部屋」が本物すぎる ツイッターで話題の若手クリエーターに聞く」)

   今回Mozuさんが制作したのは、一筆書きで商品を描いたイラストや、商品を置いてトリックアートを楽しめるランチョンマット、そして、今回の目玉であるコールドブリューコーヒーができるまでの工程を表現したミニチュア模型だ。丁寧に作られた作品を通して、商品に込められたこだわりを知ってほしいと担当者は話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!