2019年 7月 20日 (土)

全国25の蔵元、計100種の日本酒銘柄 東農大「試飲フェア」都内で

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京農業大学「食と農」の博物館は、2019年6月22日に東京・世田谷区にある同大の世田谷キャンパス18号館で、日本酒の一般向け試飲会「第2回 農大蔵元試飲フェア」を開催する。

  • 東農大ゆかりの日本酒を味わう
    東農大ゆかりの日本酒を味わう

1杯2000円の高級銘柄も登場

   食品の発酵などを研究する「醸造化学科」を持つ東農大は、これまで酒造業界に多くの人材を輩出してきた。今回は、東農大OBが蔵元の全国25の蔵元、計100種の銘柄が登場する。 試飲は多くの銘柄を1杯100円(30ミリリットル)で楽しめるが、中には1000円を超える高級銘柄もある。最高額は栃木・島崎酒造が作る「熟露枯 大吟醸 秘蔵30年古酒」の2000円だ。

   参加費は1000円で、おちょこと試飲チケット500円分が付く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中