2019年 8月 20日 (火)

「交響曲」の意義を受け継ぎ壮大な世界をつくりだす マーラーの第3番(後編)

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!
 

   (先週から続く)1860年にボヘミアのカリシュトという小さな村で、12人兄弟の上から2番目として生まれたグスタフ・マーラーは、4歳になるころにはすでに音楽の才能を発揮します。まずはボヘミアの首都プラハに出ますが、そこでの教育には満足せず、いったん故郷近くのイーグラウに戻った後、そこで出会った農園の管理者の援助のおかげで帝都ウィーンに出て音楽の勉強をする機会に恵まれました。

   まだ若干15歳でしたが、すでにピアノの実力もかなりのものだったマーラーは、ウィーン楽友協会付属音楽院でめきめきと実力をつけます。当時のウィーンの音楽学生は、みな熱烈なワーグナー支持者で、マーラーも、のちに歌曲の作曲家として有名になる友人フーゴー・ヴォルフなどと、1日中ワーグナーの楽劇をピアノで演奏して楽しむことなどがあったようです。

  • 指揮者として大活躍していた「作曲家」マーラーの肖像
    指揮者として大活躍していた「作曲家」マーラーの肖像

師匠ブルックナーとの絆

   父の意向で、ウィーンの音楽院だけでなく、イーグラウのギムナジウムで普通の科目も学んでいたマーラーは、そのあとウィーン大学にも入学し、哲学、歴史、音楽史、美学などの講義を受け、同時に若いころの彼は大変な読書家でもあったので、すでに彼の内面には、のちの作曲家マーラーの基礎となる世界が形作られていました。この時期に、すでに交響曲作曲家として歩み始めていたブルックナーの講義も受講していて、ブルックナー先生が自作の「交響曲第3番」の初演の失敗で落ち込んでいた時には、弟子として励まし、ピアノ連弾用への編曲も許可されて、友人のクルツィツァノフスキーと共にそれを完成させた折には、師匠ブルックナーから感謝のしるしとして、交響曲第3番のスコア(総譜)を贈られています。マーラーは指揮者となって活躍するようになってからも、ブルックナーの交響曲を頻繁に取り上げ、彼の作品の紹介に力を尽くしています。ちなみに、ブルックナーは交響曲第3番を、尊敬するワーグナーにささげています。

   ウィーンではピアノのレッスンのアルバイトなどをしながら、学生としてはオペラ、カンタータ、室内楽曲などを作っていたマーラーは、おそらく作曲家になろう、と考えていましたが、残念ながら今も昔も作曲家というのは生活が成り立ちません。作曲だけやっていては、儲からないのです。音楽院を優秀な成績で卒業して2年の間、バイト生活をしましたが、音楽を作る、ということにことのほか情熱を燃やす若きマーラーは、そんな生活に飽き足らず、のちに、自分では「劇場の地獄の生活」と呼ぶことになる、歌劇場の指揮者としての道を歩み始めます。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中