2019年 8月 20日 (火)

政治と外交に直接関与したふたりの天皇

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

王臣と外交

   徳川の歴代将軍の統治権は誰から預かったものなのか。天なのか、天皇なのか。本居宣長は1787年に執筆した「玉くしげ」で、朝廷は天下のまつりごとを徳川将軍に預け、将軍は大名に預けていると説いた。天明の大飢饉、大名の財政危機、ロシアとの軍事的緊張などが重なり、朝廷の権威を頼る向きが、大名、公家の双方に生じる。鍋島藩、水戸藩などと公家との婚姻関係は、朝廷と幕藩との共通意識を醸成していったのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中