2019年 12月 12日 (木)

SUBARU「レヴォーグ」改良モデル 特別仕様車2種

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   SUBARUは、「レヴォーグ」改良モデルとして特別仕様車「1.6/2.0 STI Sport Black Selection」と「1.6GT-S EyeSight Advantage Line」を2019年6月27日に発売する。

  • 「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!
    「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!
  • 「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!
    「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!
  • 「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!
    「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!
  • 「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!
    「レヴォーグ」改良モデルの特別仕様車2種登場!

夜間走行時の安全性をより向上

   レヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに掲げ、14年4月に発表。アイサイトをはじめとする最先端の安全性能と、同社が培ってきたツーリング性能を高い次元で実現したスポーツワゴンだ。今回の改良に伴い、特別仕様車として2モデルを追加した。

   「1.6/2.0 STI Sport Black Selection」は1.6/2.0 STI Sportをベースに、ドライバーのスポーツ精神が高ぶるというアイテムを搭載。エクステリアは18インチブラック塗装と切削光輝ホイールや、ブラック塗装のドアミラーカバーを備えた。

   インテリアはブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにレヴォーグでは初となるRECAROフロントシートを採用している。

   「1.6GT-S EyeSight Advantage Line」は、1.6GT-S EyeSightをベースに大人のスポーティモデルを感じさせる専用アイテムを搭載。エクステリアは18インチ塗装ホイールやブラック塗装ドアミラーカバー・ドアハンドルを装備することで、精悍さを演出。またボディカラーは専用色としてクールグレーカーキを採用した。インテリアは落ち着いた色合いのブルーをポイントに、ウルトラスエード/本革シートによって上質感と機能性をアップ。

   さらに、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40Km/hから30Km/hに変更。より低車速から作動をスタートさせるようにすることで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をより向上させたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!