2019年 8月 18日 (日)

30年前は全国180店舗も イトーヨーカドーのレストラン「ファミール」激減

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ファミリーレストランチェーン「ファミール」が、正念場を迎えている。

   かつては総合スーパー「イトーヨーカドー」の館内を中心に全国200店舗近くに上ったが、今日ではわずか10店舗ほどにまで激減してしまったのだ。

  • 懐かしのファミレスが正念場
    懐かしのファミレスが正念場

東京都内はゼロ、残りは10店舗に

   イトーヨーカドーの社史『変化対応 あくなき創造への挑戦』によれば、ファミールはイトーヨーカドーグループ(現セブン&アイホールディングス)のレストラン部門として1972年にスタート。1号店は「イトーヨーカドー五香店」(千葉県松戸市)の店内だった。

   メニューはハンバーグやスパゲティなどの洋食に加え、天ぷらやそばといった和食が充実していることが特徴だ。出店場所は主にイトーヨーカドーの館内だが、かつては道路沿いなどに単独の店舗として出店するケースも多く、最盛期の1990年頃には全国約180店舗を数えた。

   だが、2019年に入って新潟県や秋田県などで店舗の撤退が相次ぎ、3月には東京都内に残っていた唯一の店舗も消滅した。6月末には神奈川県川崎市の店舗が新たに閉店し、7月以降に残るのは北海道3店舗、青森県、埼玉県の各2店舗、神奈川県、静岡県、愛知県各1店舗の計10店舗になる。

   各地で相次ぐファミールの閉店に、ツイッター上では、

「イトーヨーカドー秋田店の開業当初から入っていたファミールがとうとう閉店。軽くショックで倒れそう」
「ファミール閉店の報せにより私の青春が少しだけ欠けてしまった」

など悲しみの声が相次いでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中